コラム
» 2018年04月30日 11時00分 公開

「13星座占い」「へびつかい座」って結局何だったの? 天文学と西洋占星術から見る星座占い

「新しい星座が見つかった」わけではないのです。

[てんもんたまご,ねとらぼ]

 1995年から1997年ごろにかけて、「13星座占い」が話題になったことがありましたね。「13星座占い」とは、従来の12星座占いに「へびつかい座」を足したものです。

 しかし年月がたつにつれて、13星座占いは話題にもあがらなくなり、すっかり「12星座占い」に落ち着いていきました。

 今回は「本当のところは12星座なの? 13星座なの?」というギモンにお答えします!

へびつかい座 へびつかい座のモデルは、へびの毒で治療する医者アスクレピオス

そもそも「12星座」はどうやって決まってるの?

 そもそも「星座占い」とは、西洋占星術を簡略化した占いです。

 西洋占星術では、占う対象者の出生時(+場所の緯度・経度)や現在の日時で「ホロスコープ」を描いて占います。このホロスコープとは、天動説での惑星や星座の位置関係を図にしたものです。

 一方12星座占いは、生まれた月と日付だけで黄道にかかる12星座に分けて占ったもの。

 黄道というのは、太陽の通り道のことです。星といえば「夜に見える」イメージが強いですが、実際には昼間にも星の光は届いています。ただ太陽がまぶしすぎて見えていないだけなのです。その太陽の通り道を黄道とよび、その黄道と重なる星座を黄道12星座と呼んでいるのです。

 さて、黄道にかかっているのが12星座なのか13星座なのかが問題なのですが、実は星図で確認すると黄道13星座が天文学的には正しいことが分かります。

星図と黄道 よくみるとへびつかい座の足が黄道に引っ掛かっている!

どうして黄道がずれてへびつかい座が加わった?

 地球の自転の軸にあたる直線を自転軸と呼びます。この自転軸、実は不変なわけではありません。

 コマを回すときに、首(軸)の部分をよく見ていると円を描いていることに気が付きます。地球の自転軸も同じように、約2万6000年周期で首振り運動をしているのです。これは、地球の歳差運動と呼ばれています。

 歳差運動によって太陽の見える方向が変化するので、黄道の位置が時代によって少しずつ変化するのです。余談ですが、この歳差運動によって、黄道だけでなく北極星も変わるんですよ。

 したがって現代の黄道には13の星座がありますが、約2000年前には12星座だったのです。

歳差運動 実はふらふらしていた地球の自転軸

「新しい星座が発見された」は間違い

 13星座占いのよくある誤解として「新しい星座が発見された」「一時的にへびつかい座が黄道に食い込んでいた」等があるのですが、これらは全て間違いです。

 確かに地球の歳差運動で黄道の位置は変わりますが、それは数百〜数千年規模の話であり、13星座占いが流行った1995〜1997年頃だけ黄道にへびつかい座があったというわけではありません。

 実際には「数百年にわたって、西洋占星術師の間でへびつかい座が無視されてきた」「一部の占星術師がそれを疑問に思って13星座占いを作ってみた」というだけなのです。

時代がキタ うれしそうなへびつかい座さん

ちなみに私は13星座では何座なの?

 ところでみなさん13星座占いでは何座にあたるかはご存じですか? せっかくなので13星座での自分の星座を確認してみましょう!(ただし、出典によって若干の日付のずれがあります)

  • 3/13〜4/19 うお座
  • 4/20〜5/14 おひつじ座
  • 5/15〜6/21 おうし座
  • 6/22〜7/20 ふたご座
  • 7/21〜8/10 かに座
  • 8/11〜9/16 しし座
  • 9/17〜10/31 おとめ座
  • 11/1〜11/23 てんびん座
  • 11/24〜11/30 さそり座
  • 12/1〜12/18 へびつかい座
  • 12/19〜1/19 いて座
  • 1/20〜2/16 やぎ座
  • 2/17〜3/12 みずがめ座 

なぜ13星座は定着しなかったの?

 突如あらわれた13星座占い、実は西洋占星術師の間では批判的でした。

 その根拠として、そもそも13星座占いの発端が「黄道にはへびつかい座があるのに、なぜ星座占いにはないのか」といわれていたこと、13星座が1995年に一人の占星術師ウォルター・バーグの試験的な取り組みで”作られた”ものであること、13という数字が不吉であることなどが挙げられています。

 西洋占星術は、海王星発見時には当時生きていた人々の統計をとってホロスコープに組み込むなどの取り組みもありましたが、天動説の採用や12星座での維持など伝統を重んじる傾向もあるので、1995年に突如出現した13星座占いに対する反応は存外冷ややかだったのです。

 また円を13分割というのも、ホロスコープが描きにくくなりそうですね。

ジョブズのホロスコープ例 ホロスコープの雰囲気はこんな感じ

やっぱり星座占いは「12星座」で?

 本気で信じているわけではなくても、雑誌やテレビでついついチェックしまう12星座占い。

 12星座の方が新しく星座を覚えなくていいし、しっくりくるなあ、という方も少なくないのではないでしょうか。

主要参考文献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響