コラム
» 2018年05月10日 12時30分 公開

現代では考えにくい理由で「既婚者にしか任せられないガス灯の仕事」があった

夫婦ともに朝弱かったら意味なさそう。

[ねとらぼ]

 時代の流れとともに、姿を消したガス灯。現代人の感覚だと理解しがたいのですが、その管理業務を行うには既婚者である必要があったそうです。今回はガス灯に関する雑学をご紹介。


どうしてガス灯の管理をするのに、既婚者である必要が?

現代では考えにくい理由で「既婚者にしか任せられないガス灯の仕事」があった

 街灯に電気ではなく、ガスが使われていた明治時代には「点消方(てんしょうかた)」という専門職がありました。点灯、消灯のほか、部品交換などのメンテナンス業務まで行っていたそうです。


歌川広重の作品にも、「点火棒」という長い棒を掲げる点消方の姿が(東京ガス「GAS MUSEUM」より)

 現代人の感覚で考えるとちょっと不思議なのですが、「朝の消灯作業に寝坊してはいけないから」という理由から、この仕事をするには結婚している必要があったとか。

 日本製の目覚まし時計が登場したのは明治時代後半ですから、当時はまだ決まった時間に起床することが難しかったのかもしれませんが、「もしも2人とも爆睡してしまったら……」と考えるとちょっと不安になります。


日本で初めて目覚まし時計を作ったのは、現在のSEIKOへとつながった精工舎(明治20年代設立)だといわれています(セイコーミュージアムより)

参考


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」