Special
» 2018年06月04日 10時00分 公開

「メモ帳でホームページを作る技術」はもう使えないのか? Windows 98で現代のTwitterっぽいものを再現してみた(1/3 ページ)

Win98マシンからネットにアップしようとしたら悲劇が起こりました。

[高橋ホイコ,PR/ねとらぼ]
PR

 「昔のオタクのHTML手打ち率は異常」と言われます。インターネット黎明期である1990年代後半にホームページを作り始めた“オタク”たちの多くは、特別なツールを使わずにメモ帳のようなエディターを使ってホームページを作っていました。ホームページ作成ソフトで書いたコードは“美しく”ないと信用されていなかったのです。筆者も1995年頃に自身のホームページを立ち上げた身の上ですので、すごくよくわかります。

メモ帳のアイコン このメモ帳でホームページを作ってたんだぞー!

 この「メモ帳とペイントだけでホームページを作れる技術」を後世に語り継ぎたい! ということで今回は昔のオタクの技術で現代のWebサービスであるTwitter(っぽいもの)を再現してみました。もちろん筆者の技術で完全に同じものを作れるわけではありませんが、実際にネット上に公開するところまでやってみます!

 メモ帳だけで作るなんて信じられないアナタにぜひ読んで欲しい。結構、苦労したんだからー。

「どうせなら古いマシンでやりたいよね、Windows 98とか」

 編集部との打ち合わせで「Windows 98マシンとか持ってない?」と聞かれました。

 ねーよ。

古いWindowsのCD 探したらインストールCDだけは出てきました

 いやいや確かに当時は持っていましたが、断捨離ブームに乗っかって一昨年くらいに捨てました。そしたら「じゃあ、買ってきて」と言うのです。秋葉原に行けばすぐに見つかるだろうと出かけました。

秋葉原の様子 ジャンクPCを中心に見てきましたが……

 売ってなーーーーーーーい!!

 まさかの、まさかです。驚きました。Windows 98マシンなんて売っていません。XPですら絶滅危惧種。98とXPの間には98SE、2000、Meと3つもバージョンありますからね。店員に尋ねると「もう何年も前から見かけないですよ」と言います。お世辞にもきれいとは言えない駐車場のような店舗で雑多に販売されているPCたち、あれはスペック的にWindows 8や10レベルのPCだったんです。2010年以降生まれの現代っ子。おまいらPentium4じゃないんかー!!

 秋葉原での購入はあきらめ、ネット通販で入手することにしました。吟味に吟味を重ねて申し込んだWindows 98マシンは「発送前に動作確認をしたところ不具合が見つかりました」とキャンセルされてしまいました。やっと見つけたのに……。もう一台発注してようやく入手しました。

キャンセルの文面 業者からのメール文面。出荷しようとしたら動かないとかあるでしょうね、そりゃ

 今回はBTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューターのPR記事ということで、昔のPCとの比較用に最新PC「m-book Jシリーズ」も提供してもらいました。Windows 98マシンの入手にてこずっている間に、「送りましたー」という連絡があり翌日にさくっと届きました。翌営業日出荷サービスってすごいねー。

マウスコンピューターのサイト マウスコンピューターには翌営業日出荷サービスがある

 ちなみに筆者が購入したWindows 98マシンは99年春モデルのもので中古価格が2万2000円。骨董品的な価値が付いているのもありますが、スペック的な面で見ればかなりのお値段。現在のマウスコンピューターでは新品のWindows 10マシンを3万円台から入手できます。いい時代になりましたなー。

“薄型でスタイリッシュ”だった厚さ約4センチのノートPC

 筆者の個人的な思い出話を申し上げると、このWindows 98マシンが売られていた1999年頃、秋葉原の店頭でPCメーカーのキャンペーンガールのアルバイトをしていました。当時の秋葉原はメイドではなく、各企業のキャンペーンガールがビラを配ったりしていました。

 懐かしいですねー。

FMV-BIBLO Windows 98の説明書までついてきました。涙ちょちょぎれる

 筆者が売っていたPCはまさにコイツかもしれない。「来てみて、さわって〜」というキャッチフレーズを店頭で連呼する仕事だったため、「変な人に触られたりしてない?」とマネージャーに心配されるも、地味な筆者は話しかけられることさえ少なく、PCもろくに売れなかったほろ苦い記憶がよみがえります。

新旧開けたPCの比較 右が最新のマウスコンピューター。スタイリッシュだよなー

 今こうして最新のマウスコンピューターと並べると、明らかにマウスコンピューターのほうが「薄型でスタイリッシュ」です。しかし、このWindows 98マシンも当時は「薄型でスタイリッシュ」だったんです。4センチ弱の厚さを「ここまで薄くなったんです! すごいでしょ!」て売っていたんです。

Win98横から 当時は厚さ3.48センチでも薄かったんです。今では少なくなったPS/2コネクタが見えますね

 そしてインストール済みのソフトが多かった。デスクトップには複数のプロバイダー入会用のショートカットがあります。友達に「どれ押せばいいの?」と相談されて困るやつ。

起動後のデスクトップ インターネット関係のショートカットが並ぶ

 スタートボタンを押せば画面を埋め尽くす量のソフトウェアが表示されます。


スタートを開いた プリインストールソフト多すぎ!

 「駅すぱあと」がありました。今は電車の乗り換えはインターネットで検索するのが当たり前ですが、当時はPC上のソフトウェアを使って調べてから出かけていました。起動すると当時の路線図が表示されます。大江戸線がまだ開通していない!

駅すぱあと 大江戸線はまだ開通しておらず、都営12号線が検索されました

 ポケットベルダイヤラーというソフトウェアもあります。このPCはモデムが内蔵されているので、モデムで相手のポケベル番号に発信し、メッセージを送るソフトウェアです。ポケットベルを知らない世代にはちんぷんかんぷんな話でしょう。身近な大人に「*2*2(コメニコメニ)ってなーに?」と聞いてみよう。

ポケットベルダイヤラー テレメッセージとか懐かしすぎる

 マインスイーパー、ソリティアももちろん入っています。ついついやっちゃう。

マインスイーパー マインスイーパー、筆者は奇跡的に6秒を出したことがあります

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声

提供:株式会社マウスコンピューター
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2018年6月10日