ニュース
» 2018年06月08日 19時00分 公開

猫とハリネズミ、人気の動物をダブルで愛でられるカフェに行ってみた!

[谷町邦子,ねとらぼ]

 阪急高槻市駅(大阪府高槻市)から徒歩1分。商店街の入り口付近というにぎやかな場所にある「猫とハリネズミのCaféチェリッシュ」。2018年5月20日にオープンした、まだ新しいカフェだ。猫カフェは珍しくなく、ハリネズミカフェも時々見聞きするが、猫とハリネズミのカフェはあまり例がない。

チェリッシュ

 早速ビル3階の店の中に入ってみると、店内中央にはケージがありハリネズミが眠っている。ケージの周りでは猫たちがご飯を食べたり、お客さんと遊んだり、窓の外を眺めたりしていた。店内には成猫7匹、子猫5匹、ハリネズミ6匹がいるという。珍しい形態の動物カフェについて、オーナーの田中さんに聞いてみた。

白を基調とした店内
中央のケージにはハリネズミが

はじめは猫だけのカフェになるはずだったが……

 「当初は猫を殺処分から救い、里親を探すための猫だけのカフェにするつもりでした」というオーナーの田中さん。しかし出店に協力してくれた人からの提案を参考に、今の形にしたとのこと。「猫に限らず動物が好きで、命あるものを大切にしたいという気持ちがあります」(田中さん)

丸まって眠るハリネズミ

 最初はハリネズミについて詳しくなかったので、勉強しながら手探りでの飼育だった。「暑さ・寒さに弱いので特に温度管理には気をつけています。それから、できるだけ人にならすにはどうしたらいいのか考えて、例えばご飯を食べる時間など、ハリネズミが活動的になる時間に、スタッフのにおいをかがせるなど工夫しました」と田中さんは語る。また、小動物看護師のスタッフもお店には在籍しているという。

ケージに寄りかかって眠る。ここまでリラックスするのは珍しいそうだ

 嗅覚が鋭いというハリネズミの特徴を利用して、人間への警戒心を薄れさせて行った結果、最初は警戒して隅っこで丸まったまま動かなかったり、「シューシュー」と鳴き威かくしたりしていたハリネズミたちも、今ではのびのびと動き回っている。

取材した時間はちょうど食事タイム。ご飯のにおいでみんな起きてくる
みんなで一緒にご飯

仲良くできる?

果たして、仲良くできるのだろうか……

 ところでチェリッシュでは猫とハリネズミが同じ室内で過ごしている。ケンカしたり、ハリネズミが攻撃されたりということはないのだろうか。「大人の猫はハリネズミに興味を持つことはほぼありません。常にスタッフが様子見ていて、少しずつならしています。今ではハリネズミを枕に子猫が寝ていることもあるくらいです」(田中さん)

どちらもマイペース

 またハリネズミ同士も仲が良いわけではない。田中さんによると「ハリネズミも1匹1匹性格が違うんです。暗いところや暖かいところを好む習性があり、限られた場所に集まりがちになるのですが、かまわれたくない、1匹でいたいハリネズミもいるので、そうするとケンカになることもあります」という。

暗いところが人気!

 ケンカと言っても「シューシュー」鳴いて、威かくし合う程度。すぐに止めに入るのではなく、ハリネズミ同士で解決できるようしばらく様子を見守るそうだ。

 「強くかみ付きあって、耳や足にケガをするような事態になりそうなら止めますが。人間みたいに相手が大けがをするまでとことんやり合うということはありませんので、今のところ割って入らないといけない程のケンカは起こってないですね」(田中さん)

一緒に過ごす猫とハリネズミ

動物たちと仲良く遊ぶために大切なこと

おもちゃは無料で貸し出し。猫と楽しく遊べる

 チェリッシュでは「猫を追いかけたり、無理に触ったりしないでください」「写真撮影はOKですが、フラッシュは厳禁です」と、安全に遊ぶためのいくつかのルールがある。また、チェリッシュにいる猫たちはほとんどが元野良猫。野良時代、つらい思いをしたのではないかというような猫もいるよう。

そっとしておいてほしい猫も。優しく見守って

 「猫は少しずつ人間に慣れてきているとはいえ、大きな音や急な動きを怖がります。もちろん、お店なのでお客さんに楽しんでもらうのは当然なんですが、猫にとって良い環境だということも大切にしていきたいと思っています」(田中さん)

猫には200円でおやつをあげられる

 また、猫にも1匹1匹性格があって、同じ状況で捨てられていた猫でも、お客さんに懐いてお腹を出す猫もいれば、隅っこで隠れている猫もいる。田中さんは、まずは仲間の猫同士で仲良く、それから段階を経てゆっくり人間に馴れてほしいと考えている。

ごちそうさま

 また、ハリネズミは大人しく臆病な動物なのだが、針やかみ付きには注意が必要。「機嫌がいいと触ることができますが、触れ合うときはスタッフに一度お声かけください。グローブをつけないといけないのと、針が刺さったり、かみついたりという可能性もあるので」と田中さんは説明する。

小さいけれど食欲旺盛なハリネズミ。おやつは300円(写真はご飯)

 田中さんやスタッフは5月1日のプレオープン前から、猫やハリネズミが少しずつ人間と落ち着いて過ごせるよう工夫を重ねてきた。しかし、動物には個体差があるから、店にいる全ての猫やハリネズミが人懐こいわけではない。また予想ができないことが起こる可能性もあるので、ルールで禁止されてなくても気になることや、やってみたいことがあれば店内のスタッフに聞くと確実だろう。

猫の里親探しも予定

チェリッシュにはオープンにはたくさんの動物が好きな人たちがボランティアに近い形で関わっている。例えば内装の業者さんやデザイナーさんなど

 チェリッシュでは猫の里親探しもしている。譲渡の流れとしては、まず、お店で猫との相性を確認する。次に、里親志望の人の自宅で、一定期間過ごすトライアルを行う。猫の里親になりたいという人は既に猫を飼っていることもあるので、先住猫とうまくいくかなどを見るためだ。それらがクリアできたら、譲渡契約の書類で終生の飼育を約束してもらい、譲渡となる。ただ、お店はオープンしたてでまだ譲渡の実績はなく、あくまで予定とのこと。

ロゴなどをデザインした「naocom」さんもそのひとり

 チェリッシュには動物が好きな人、また、好きだけどペット禁止のマンションに住んでいて飼えない人が遊びに来るという。「猫やハリネズミと触れ合える憩いの場、そして動物好きな人同士の交流の場にしていきたい。そして、お客さんには、触れ合いを楽しむと同時に、殺処分されている動物がいることも知っておいてほしい」(田中さん)

 猫とハリネズミのCaféチェリッシュは、田中さんの動物に対する思いがいっぱい詰まっていた。

いっぱい遊ぶとお腹も空きます
もぐもぐ

猫とハリネズミのCaféチェリッシュ

大阪府高槻市北園町19-16 タムラビルII 3階

営業時間:平日12〜20時(最終受付19時)

土日祝11〜20時(最終受付19時)

フリードリンク:平日1500円〜/1時間、土日祝1800円〜/1時間

Twitter @catclub_cherish/Facebook/Instagram


谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声