ニュース
» 2018年06月12日 20時00分 公開

「余韻がすごくミステリアス」 世にも奇妙な世界観のTwitter漫画「束の間の幻影」に鳥肌立つ人続出(1/2 ページ)

後日談からが本編。

[Kikka,ねとらぼ]

 古本屋で自分のサイン本を見つけたことから、余命いくばくもない友人と再会するTwitter漫画「束の間の幻影」が、「ただただ感動」「余韻がすごくミステリアス」と好評を博しています。「世にも奇妙な物語」のような世界観がたまらない……!

 主人公はある研究者。古本屋に立ち寄ったところ、自身のサインが入った本を見つけます。それは主人公が1冊だけ特別にサインした本で、友人のXにプレゼントしたものでした。


Twitter 漫画 まんが マンガ

 「多分あいつが売ったものが、巡り巡ってこの本屋に流れ着いたのだろう」とXとの思い出を回顧する主人公。しかしふと、「でも待てよ」と冷静になります。もしかしたらXは死んでいて、その遺族が本を処分したとしたら……。「考えすぎだ」と思いながらも胸のざわつきが抑えきれません。


Twitter 漫画 まんが マンガ

 そしてXと20年ぶりに会うことになる主人公。ただ、再会の舞台は病院の一室で、ベッドに伏したXは、呼吸器が付けられているため話すこともできないという状況でした。目に涙を溜め、つかの間の再会を果たす二人。しかし、運命は残酷で、Xは天国へ旅立ってしまいます。

 参列者の少ない葬儀で、ふと「(あの本を見つけられなければお見舞いはおろか、葬式の知らせもなかっただろう)」と不思議な気持ちになる主人公なのでした。


Twitter 漫画 まんが マンガ

 と、ここまででも不思議な縁を感じさせるお話ですが、この物語には“後日談”が続きます。ある日、主人公のもとに届いたのは主人公の著作とXのお母さんから手紙。本を開いてみるとそこには主人公のサインが入っているではありませんか。「そんな馬鹿な」「確かに私は一冊しかサインしなかったはずだ!」と激しく動揺する主人公。

 Xのお母さんからの手紙には、Xの遺品を整理していたところ主人公の本が見つかったが、処分するのはしのびないので、お送りするという旨が書かれていました。その後、すぐにあの古本屋へ向かった主人公ですが、「本はみつからなかった」と締めくくられています。


Twitter 漫画 まんが マンガ

 この作品を発表したのは、漫画『書店員 波山個間子』が好評発売中の黒谷知也(@kuroyatomoya)先生。不思議な世界観や面白い着眼点の作品を多く発表しており、今回の作品には、「4ページだけでここまでの美しいお話が描けることに感嘆しました」「いろんな感情が込み上げて、読み終わった瞬間に鳥肌がたちました」「いい話で終わるところが、怖い感じのゾワッがきた――」と多くの感想が寄せられています。

 またこのほかにも「1度売ったが園田氏(主人公)がお見舞いに来た為やはり本人に返そうとX氏の母親が慌てて買い戻したとか?」「束の間の束を『たば』と読むこともできるのでしょうか……本という紙の束の間にあった幻影ということで…….」「Xさんが古本屋のオーナーだったのかもと一瞬思ってしまった自分は荒んでいるのか……」とさまざまな考察がなされています。良い作品には余韻が残るもの。あなたはこのお話をどう解釈しますか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」