ニュース
» 2018年06月13日 14時25分 公開

「ゲームバー」経営者計4人が神戸と京都で逮捕 「マリカー」「スプラトゥーン」「モンハン」など無断上映

警告を無視して営業を続けていました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ACCS(一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)が、京都府警察・兵庫県警察共同捜査本部により「ゲームバー」の経営者計4人が著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで逮捕されたと発表しました。家庭用ゲームソフトを客に遊戯させて無断上映していた疑いが持たれています。


ACCS ゲームバー 逮捕 神戸 京都 任天堂 今回取締の対象となった「ゲームバー」詳細(画像はACCSから)

 今回対象となった店舗は、京都市中京区、京都市下京区、神戸市中央区(同市内に2店舗)の4店舗。「マリオカート8デラックス」「モンスターハンター:ワールド」「スプラトゥーン2」「みんなのGOLF6」などのソフトが店内で遊ばれていました。









 「ゲームバー」は、ボードゲーム、カードゲーム、テレビゲームなど多様な種類のゲームを顧客が遊戯できる飲食店のこと。この「ゲームバー」のなかには、家庭用として提供されているゲーム機器およびゲームソフトを店舗内に備え置き、著作権者の許諾なく商用利用しているものが存在しています。

 しかし、これはゲームソフトメーカーが認める本来の利用方法でないことから、ACCSおよびACCS会員は対策を講じてきました。

 2011年以降、国内の「ゲームバー」に対する注意喚起を継続的に実施。2018年にはACCSおよびACCS会員による連名で「家庭用ゲームソフトを著作権者の許諾無く店舗内で遊戯させることが著作権侵害となることを指摘し、直ちに違法行為の中止を求める」内容の警告書を送付しています。実際、4月には大阪で3店がこの警告に応じ閉店しています(関連記事)。

 しかし、今回摘発された4店舗は、警告を無視して無断上映を継続するなど、悪質な営業実態が判明。両県警へ刑事告訴の相談・協力を行っていました。

 ACCSでは、今後も店舗等での無断上映を防止するための著作権に関する普及啓発活動を継続するとともに、今回の摘発と同種サービスを提供する店舗に対しては、警告書送付や著作権者による法的措置など対策を推進し、著作権が尊重される社会の実現に向けて活動を進めていくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響