インタビュー
» 2018年06月17日 11時00分 公開

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界(3/4 ページ)

[朝井麻由美,ねとらぼ]

 ガンダムのゲームを担当したときは、悩んだ結果、最終的にはクライアントさんから「This is Amuro, Let's do it!」でいきましょう、と言われて。でも、これはアニメ用として海外向けにローカライズされた例といえます。

依田:「Let's do it!」だと「さあ! 行こう!」という感じなんですよね。

アルト:アムロは本当は戦うことに抵抗がある人だから、「Let's do it!」(さあ! 行こう!)だとちょっと元気すぎるんですよ。「Let's do it!」は、本人が「イエーイ!」という気持ちで「行きます!」と思っているときの言葉ですから。でも、この心情を完璧に表す英語は存在しません。それに、アムロは主人公です。海外ユーザーの耳にも決めゼリフが残るようにそうローカライズされました。

――そういうの、両方の言葉が分かる人からすると、もどかしいですよね。

アルト:僕たちは関わっていない作品ですが、『NARUTO』の主人公(うずまきナルト)が使う「〜だってばよ」をどう表現するかも難しかったみたいです。結局「〜, believe it!」が使われていますが、これも日本語も英語も分かる人からすると少し違和感がありますね。

――そのあたりの違和感の落としどころって、どういう判断で決まることが多いのでしょうか?

アルト:最終的には、その作品に触れる海外の人たちにとって違和感がないものを優先しますね。その作品が“母国語で書かれたように”見せるのが目的なので、日本的なフレーバーを意識しすぎた結果、海外の消費者が受け入れがたくなったら本末転倒です。


翻訳はリアルではなく、あくまでもリアル風

依田:結局、リアルを追求しすぎてしまうと、伝わらなくなってしまうんですよね。あくまでもリアル“風”じゃなければいけません。

 ドラクエ8なんかはその典型例でした。作品の世界観がヨーロッパっぽいので、イギリス英語にしよう、という話になったんです。でも、届けるユーザーはアメリカ人だから、完全にイギリス英語にすると通じなくなっちゃうんですよ。

――めちゃくちゃ素人質問でお恥ずかしいですが、アメリカ英語とイギリス英語って通じなくなるほど違うんですね。

アルト:全然違うんですよ。制作中によく、「すみませーん、英語なのに、分かりませーん」って言ってました(笑)。

依田:そもそも私たちがチームに入ったのは、アルトがアメリカ人だから、アルトが違和感なく理解できるバランスでの“イギリス風”のアメリカ英語を作りたい、という話だったんですよね。

アルト:映画なんかでも、アメリカ人に伝わるイギリス風英語を喋ってる作品はあります。

依田:本物じゃないけど、ちゃんと本物っぽくしなければならないのが難しいところです。また、ドラクエ8のヤンガスというキャラクターには、ロンドンの下町訛りの「コックニー英語」を使わせているのですが、これも完全にコックニーにしてしまうとさっぱり分からないので、多少フレーバーを入れ込む程度にしました。



翻訳時に注意すべき宗教とセクシャル問題

――ドラクエ8のような大作って、翻訳にどれくらいかかるのでしょうか?

依田:翻訳自体は確か9カ月くらいで、準備期間含めたトータルだと1年はかかったと思います。最初の1カ月はまずゲームをしてくださいって言われました。日本語版のゲーム内のテキストを全て読むのが目的だから、死なないモードみたいな特別なデータをもらってプレイします。

――HPが0にならないようになっている、開発用のデータでしょうか?

依田:そうです。HPが0になっても死ななかったり、お金が最初から大量にあったり。

アルト:そういうモードでプレイしないとものすごく時間がかかってしまいますからね。各シーンでの、全ての分岐を見なければならないので。

――「はい」と答えると先に進めるところを、わざと「いいえ」と答えるとかですよね。

依田:そうそう。その過程で、配慮しなければならない部分があるかどうかもチェックします。例えば、ほとんどのドラクエシリーズでは、セーブや復活を教会ですることになっていますが、海外に向けて売り出すにあたってこれはそのままだとダメなんです。

アルト:ゲーム内でキリスト教だと明言されているわけではないですが、十字架のモチーフが使われていることから、そう捉えられてしまう可能性があるのです。ドラクエシリーズの制作者さんも、キリスト教にしたかったわけではなく、ヨーロッパ的な雰囲気を出したかっただけだと思うので、十字架を三つ又のフォークのようなデザイン(トライデント)に変えるなどしました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる