コラム
» 2018年06月20日 11時00分 公開

顔文字の元祖「:-)」の生みの親が語る、「なぜインターネットには顔文字が必要なのか」

1980年代のシンプルな炎上対策。

[ねとらぼ]

 近年、ネット上で頻発している炎上。原因は多岐にわたりますが、何気ない投稿が物議を醸し、批判の声が集まってしまうケースもあります。

 実は、こういったトラブルを回避するために30年以上前に考案されたのが、現代でもおなじみの顔文字。今回は顔文字の元祖「:-)」が誕生した理由をご紹介します。


「:-)」が生まれた経緯について書かれているカーネギーメロン大学Webページ

顔文字の元祖「:-)」が生まれた理由は、炎上対策

 米カーネギーメロン大学名誉教授・Scott Fahlman氏は、1982年9月19日にスマイリーフェイスと呼ばれる「:-)」を提案した人物。“世界初の顔文字”といわれることもありますが、記号を組み合わせて顔のように見えるものを描くという発想自体はさらにさかのぼることができ、同氏は「(類似のアイデアはあったかもしれないが、この顔文字が)全世界に広まり、何千ものバリエーションが生まれた」と説明しています。

 本当に世界初かどうかはさておいて、さまざまな顔文字の祖先にあたるスマイリーフェイスはなぜ誕生したのでしょうか。1982年当時、カーネギーメロン大学には教職員、生徒などが利用できるオンライン掲示板があり、ユーモアのある投稿が多かったとのこと。しかし、「誰かが皮肉な発言をすると、それをジョークとして受け取れなかった少数の読者が、長々とした告発の書き込みをする」ことがあり、問題になっていたようです。

 そこで、Fahlman氏は「『:-)』を使って、シリアスに受け取る“べきではない”メッセージであることを明示しよう。反対に、真剣に考えてもらいたいときは、口の向きを逆にして不快感や怒りを表現する「:-(」を使おう」と提案したとのこと。自分の表情を伝えるものというよりは、いわば「ネタがネタであると見抜けない」ことによるトラブルを回避するためのマークだったというわけです。


丸かっこを使い分けることで文章の意図を説明。このシンプルな手法で無用な炎上を避けようと考えた、というわけです

 今でこそ顔文字は当たり前になっていますが、当時は「文章力があれば、ジョークであることを明示するマークなんていらないはず」「むしろ、そのマークのせいでジョークがつまらなくなるかも」というような反対意見があったとか。

 Fahlman氏はこれらの考えに同意しつつも、「掲示板を利用する全ての人が、シェークスピアなどの作家のような文才を持っているわけではない」「本と違ってインターネットでは、ジョークを理解できなかった1%の読者による批判的な書き込みでトラブルが起こることがある」としています。

 炎上にはさまざまな理由があるため、一概には言えませんが、現代のネット事情にも通じるものがあるのではないでしょうか。

おまけマンガ



主要参考文献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」