コラム
» 2018年06月21日 12時00分 公開

「シナモロール」というキャラクターは存在しないって本当?

じゃあ、あのキャラクターは一体……?

[ねとらぼ]

 「サンリオキャラクター大賞」で、例年上位にランクインしている「シナモロール」。誰もが一度は、あの白くて耳の大きなキャラクターを目にしたことがあるのでは?

 その一方で、「『シナモロール』というキャラは存在しない」といわれることがあります。一体、どういうことなんです?


公式サイトにもちゃんと登場するのに、なぜそういうことに?

「シナモロール」というキャラクターは存在しないって本当?

 一般にシナモロールという名前で知られているあのキャラクターについては「正しくは『シナモン』がキャラクター名。シナモンにはエスプレッソ、モカ、シフォンといった仲間がおり、それらをまとめて表現したのが『シナモロール』」と説明されることがあります。つまり、シナモロールはキャラの総称のようなもので、個別のキャラクターを指す言葉ではないというわけです。

 確かに、公式Twitterアカウントは「シナモン【公式】」名義になっているのですが、コラボ企画のリリース情報などを見ると表現がまちまち。「人気キャラクター・ブランド“シナモロール”」という風に特定のキャラクターを指さない書き方になっていることもあれば、先の説明に反して「人気キャラクター『シナモロール』」とキャラクター名として使われている場合もあります。



 あのキャラクターの名前は結局、「シナモン」なのか、それとも「シナモロール」なのか。サンリオ広報課に話を伺ったところ、「分かりにくい話になってしまうのですが」と前置きしたうえで教えてくれました。

 シナモロールは商標名で、その商標のもとで展開されているキャラクターの1つがシナモンなのだそうです。この説明の仕方は「シナモン=個別のキャラクター名」「シナモロール=その仲間も含む名称」という通説に似ています。

 しかし、商標の都合上、シナモンの新商品を出すときなどに、シナモロールという表現を使う場合も。このようなケースを目にしたときに、「シナモロール=個別のキャラクター名」と思ってしまうのかもしれません。


シナモンがデザインされたグッズですが、商品名には「シナモロール」(サンリオオンラインショップより)


京都水族館で行われていた、シナモロールとのコラボイベント告知ページ。ポスターには「シナモロール」という言葉とともに、シナモンが大きく描かれています

 ちょっとややこしい「シナモン」「シナモロール」の違い。ファンの間ではちゃんと使い分けされているらしく、例えば、ゴールデンボンバーの歌広場淳さんはかつて「『シナモロール』のシナモンなのです。よく間違えられているけど」などとツイートしています。

他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響