連載
» 2018年06月23日 11時00分 公開

「気付いたら数十万円課金してた……」 ゲーム課金で破産しないために 健全に遊ぶための”5か条”

ゲームも課金も悪いことではありませんが、何事もほどほどに……。

[qeereeねとらぼ]

 皆さま、課金してますか?

 課金にもいろいろありますが、今回はスマートフォンやPCでプレイする、ブラウザゲームやアプリゲームなどのお話です。

 課金、私もしています。手持ちのお金で無理なくほどほどにやるぶんには良いのではないかと思います。

 しかし、課金のしすぎで借金を重ねたり、最終的には破産してしまったりする人も後を絶ちません。ゲームも課金も、それ自体は決して悪いものではありませんが、それで生活がダメになってしまっては元も子もありません。

 健全に課金するためには、いくつかのポイントがあります。確認してみましょう。


お気持ちは分かりますがほどほどにしましょうね

1. クレジットカードと携帯キャリア払いの登録に注意

 課金アイテムを購入しようとすると登録が必要になるのが決済手段。コンビニなどでも買えるプリペイドのPOSAカードか、クレジットカードを登録するのが一般的です。携帯電話の通信料と合算して払えるキャリア払いが選択できるものもあります。

 クレジットカードや携帯キャリア払いの場合、自分で注意しておかないとお金の動きを意識しづらいので、利用金額の把握もしにくいことがあります(意識できる人にとっては、明細が出るクレジットカードなどはむしろ管理しやすいかもしれません)。

 そのため、実際には思っていたよりも多く使っていたり、夢中になりすぎて気が付いたら限度額いっぱい使っていたり、そんな事例も起きやすくなります。しかも両方とも後払いなので、払えないほど使ってしまうと後から大変なことになります。

 プリペイドカードは金額を指定して前払いで買うものなので、お金の動きを意識しやすく、利用金額も把握できるため、後払いならではの悲劇も回避できます。使いすぎが不安な人は、なるべくプリペイドカードを使うようにしてみましょう。


2. 毎月の課金予算を決めておく

 毎月一度、お給料が出たその日に、その月に無理なく課金に使える予算を設定して、そのぶんを別の封筒などに分けて置いておきます。プリペイドカードを買う時はその予算から買って、毎月の課金額が予算を超えないようにします。それだけで課金額の管理が簡単になりますよ。

 毎月きっちり予算通り使うも良し、いつか来るであろう推しキャラのピックアップガチャまで余りを取っておくも良し。決められた額をやりくりするのも楽しいものです。


3. 収入と支出と金銭感覚は人によって違うという認識を持つ

 SNS等で「××万課金して○○ちゃんGET!」というような投稿があったりもしますが、それ、真に受けすぎないほうがいいですよ。なぜならば、人によって収入も違えば支出も違いますし金銭感覚もバラバラだからです。

 同じ金額でも、余裕で出せる人もいればギリギリカツカツの人もいます。さらには用途にもよりますし、一概にはいえません。飲み会の参加費が5000円だとして、高いと思うかそうでもないと思うか、お店によってはむしろ安いんじゃないかと思うか、もしくは「飲み会に行くくらいならそのお金を別のことに使いたい」と思うか。その人の立場や環境によって違いますよね。そういうことです。

 よそはよそ、うちはうち、です。自分の身の丈に合った課金をしましょう。


最高レアが出るとこんな表情になりますよね……

4. あくまでもゲーム、と割り切る

 私たちがやっているのはあくまでもゲームなのです。現実世界に潤いは与えてくれますが、現実世界そのものではないのです。それを忘れてはいけません。

 ガチャはあくまでもガチャです。レア度が上がれば来ない確率も上がります。来る人には来ますし、来ない人には来ません。そういうものですし、そんなものです、あくまでもゲームですので。現実世界でのリアル人生、割り切ることも肝心です。

 ちなみに、筆者も某アプリゲームの星5キャラが来ません。何度かピックアップガチャもあったのに全然来ません。しかし悲しみつつも割り切っています……。


5. 普段の生活がおろそかになりはじめたら要注意

 最後に、ちょっと怖いお話をします。

 あまりにも課金をしすぎて、削ってはいけないお金まで流用しはじめた、家賃すら払えなくなってきた、課金のために借金をしている、これ以上課金したらダメだと分かっているのに止められない。そんな人、近くにいませんか? もしくは、ご自分がそうなっていませんか?

 それほどの状態ですと、お金の問題を通り越して、依存症の領域に入ってしまっている疑いがあります。厚生労働省のWebサイトによると、依存症とは「何かしらの問題が起きているのにもかかわらず、ほどほどにできない、やめられない状態に陥っているということ」だそうです。今後の人生のためにも、きちんと対処しましょう。保健所などで相談できるそうですよ。

 それでは、健康かつ健全に、良い課金ライフを!



qeeree

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  4. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  5. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  6. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news095.jpg 韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」