ニュース
» 2018年06月28日 11時45分 公開

写真のどこに生き物がいるか分かりますか? 大自然が生んだ激ムズクイズに挑戦できるサンシャイン水族館「化ケモノ展」ねとらぼおでかけ部

これは分からん……。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 華やかでかわいらしい蘭の花。でもこの中に、実は“化ケモノ”がひそんでいます。見つけられるでしょうか?

この写真のどこかに生き物が隠れています

 こうした“化ける”生き物を展示するのは、サンシャイン水族館(東京都豊島区)。6月28日〜11月25日に開催される特別展「化ケモノ展」です。擬態や成長によって姿を変える“化ける”性質を持った生き物たちをテーマにした展示で、約30種の生き物が集合。中には「えっ、どこにいるの?」と分からないような生き物も……。一足先に行ってきました。

 展示は、擬態について分かりやすく解説する「擬態解説」ゾーン、擬態生物たちを探したくなる「惑わしの森」ゾーン、身を守るために姿を変えた生き物が集まる「騙し(だまし)の海」のゾーン、擬態という枠を超えて“化ける”生物を展示した「番外編」ゾーンの4つのエリアからなります。

 今回の展示では、サンシャイン水族館が独自に認定した「擬態レベル」と「擬態ランク」がそれぞれの生物に設定されています。「擬態レベル:Lv.5、擬態ランク:神」の生物の中には、「えーどこどこ……うわっこんな近くにいたの!?」と思わずびっくりしてしまうものも。サンシャイン水族館の丸山克志館長によると、「レベルを見ながら探すのを楽しんでいただきたいですね」とのこと。

冒頭のクイズの答えはこちら。ハナカマキリ(Lv.4 達人)

どこにいるか分かりますか?

 せっかくなので、ねとらぼ読者のみなさんにさらにクイズ。何匹“化ケモノ”を見つけることができましたか?

枯れ葉の中に……
マルムネカレハカマキリ
葉っぱの中に……
コノハムシ
葉っぱがたくさんあるようにしか見えない(Lv.4 達人)
ミツヅノコノハガエル
横から見ると確かにカエルだ……
どう見ても木(Lv.5 神)
ヘラオヤモリの仲間
気付かずにつかんだら悲鳴を上げちゃいそう
左手前が怪しい(Lv.5 神)
オニダルマオコゼ。右にもいた
水の中でゆらゆら揺れる葉っぱ(Lv.5 神)
リーフフィッシュ
危険なウミヘビに見えるけど、実は無害なシマウミヘビ
木の枝に擬態するアフリカオオコノハズク
これは簡単
館長です(フォトスポットには、フラッシュ撮影すると生き物が浮かび上がる仕掛けも……)

 展示にはまだまだもっとたくさんの“化けもの”がいますので、目を見開いて探してくださいね!

 会期中は水族館内の「カナロア カフェ」で限定メニューも展開。「ヘラオヤモリキーマカレー」(税込885円)は、キーマカレーに盛られた木の枝(ごぼうチップス)に向かって、ヤモリ(チェダーチーズ)が向かっていくような一品。あまり辛くないのでお子さんでも食べられそう。また、「リーフフィッシュ(?)ゼリー」(税込464円)は、半透明の愛玉子(オーギョーチ)ゼリーとミントのシロップで淡水を表現。その中にリーフフィッシュ(チョコレート)が泳いでいるような楽しいスイーツです。

特別メニュー

 料金は600円(※サンシャイン水族館本館の利用者と年間パスポート所有者は400円)。大自然が作り出した激ムズクイズを楽しんではいかがでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声