ニュース
» 2018年08月10日 18時41分 公開

「本当に許せない」立ち上げたばかりのECサイトで商品情報が盗用 “なりすましECサイト”で被害

抜本的な解決は難しいようです。

[ねとらぼ]

 両親がECサイトを立ち上げたら他のサイトで商品情報が無断転載されていた――。ECサイト出店に関わるトラブルがTwitterで注目されています。「本当にゆるせない」として注意を呼びかけるツイートは2万6000回以上RTされ、広く拡散されました。

 ツイートを投稿したのは文具(@BUN_BUK_BUUUUUN)さん。魚屋を経営しているという両親がECサイトを立ち上げましたが、1カ月もしないうちに商品写真・テキストなどの情報が無断使用されているサイトを発見し、ツイートしたそうです。


ECサイト (画像提供:文具さん)

ECサイト (画像提供:文具さん)

ECサイト (画像提供:文具さん)

 現在、問題のサイトにアクセスするとYahoo!へリダイレクトされる状態。サイトを見ることはできませんが、商品情報やサイトレイアウトも、他のサイトから盗用していたと見られています。また、運営会社情報を見るとゼビオホールディングスの役員一覧がそのまま転載されているもよう。ゼビオホールディングス側はこれについて「会社概要の情報を無断で使用している」として関係性を否定しています

 こうした既存のECサイトの商品情報や商号を無断でコピーしたサイトは「なりすましECサイト」と呼ばれ、消費者庁も“「粗悪品が送られてくる」「商品が届かない」といったトラブルに見舞われる”として注意喚起しています。また、消費者側だけでなく、情報を無断使用された店舗側にとっても信用低下のリスクがあります。



 文具さんの例では楽天市場への出店をきっかけに商品情報が転載されましたが、こういったケースは決して楽天市場に限った話ではなく、ECサイト全般で起こり得ます。楽天市場はこういった楽天を装ったサイトの一覧を公開している他、Yahoo!ショッピングでも「実在するストアをかたるサイト」として注意を呼びかけています。

 こうした詐欺を目的とした「なりすましECサイト」は最近始まったものではなく、2014年のトレンドマイクロセキュリティブログでも取り上げられ、2014年上半期だけで5600件確認されたことが明かされています。各社が注意を呼びかけ続け対策を講じてきた一方、現在もほぼ同様の手口が横行しており、抜本的な解決のめどは立っていないといえそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」