コラム
» 2018年08月14日 11時00分 公開

【マンガ】「裏表でデザインが違う国旗がある」って知ってた?

日本は両面とも同じ。

[ねとらぼ]

 「あなたの国の国旗はどんなデザインですか?」と聞かれたら、ほとんどの日本人が「白地に大きな赤丸」のように答えるはず。では、「その国旗の“裏面”は?」と尋ねられたらどうでしょうか。

 基本的に、国旗は両面とも同じデザインが使われており、日本を含めたほとんどの国では「表面と同じ」と答えれば正解。しかし、数カ国だけ“裏と表で別々のデザインの国旗”が採用されているのだとか。

解説

 南米・パラグアイの国旗は、赤、白、青色が横向きに入った三色旗で、中央には紋章が1つあしらわれています。この紋章が裏表で異なり、表面は国章(ヤシとオリーブの枝が星を囲んでいる)、裏面にはライオンや槍(やり)などが描かれた同国国庫の紋章が入っています。

 パラグアイ大使館によると、このように裏表でデザインが異なる国旗は「モルディブとサウジアラビアを合わせて世界で3カ国しかありません」とのこと。例えば、サウジアラビアの国旗には「コーラン」の聖句が書かれているのですが、旗を裏返してもその言葉が反転しないようにできているのだとか。これには「両面どちらからでも読めるように」という意図があるといいます。

おまけマンガ




パラグアイの国旗・表面


パラグアイの国旗・裏面


サウジアラビアの国旗

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.