ニュース
» 2018年09月06日 13時49分 公開

災害時に役立つ知識がたくさん 無印良品の防災マニュアルが注目集める

[ねとらぼ]

 無印良品が作成した、災害への備えや被災時に役立つ知識をまとめた資料が役に立つと話題になっています。

 「わたしの備え。いつものもしも。七日間を生き延びよう。」と題されたマニュアルは、無印良品のWebサイトで公開されているもの。過去に店舗でも配られており、Tiwtterユーザーが北海道の地震を受けて投稿したことで注目を集めました。

 マニュアルでは「節水してお米を炊く方法」「サバイバルトイレの作り方」といったハウツーをイラスト入りで説明。また地震後7日間を生き延びるための食料についても、「震災直後2、3日は冷蔵庫の中をはじめ、台所まわりに買いおきしている普段の食材を工夫して食べる」「3日間を乗り切った後は、レトルト食品などのストックを食べる」といったアドバイスを買い置きのTIPSとともに紹介しています。

 このマニュアルに協力したNPO法人プラス・アーツは、阪神・淡路大震災の被災者の声を集めた防災マニュアル『地震イツモノート』の一部をWebで公開しています。

 また東京都が作成した防災ブック「東京防災」もWebで公開されており、応急手当の方法や少ない水で清潔を保つ方法など災害時に役立つ知識を見ることができます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.