コラム
» 2018年09月26日 11時00分 公開

【マンガ】英語なら一言で、無駄にかっこよくいえる 「キーボードを指数本でぽちぽちする“あの打ち方”」の名前

タッチタイピングを覚える前の打ち方。

[ねとらぼ]

 次に打つのは「あ」だから「A」のキーは……あった。次は「か」だから「KA」。まずは「K」を探して……あれ、さっき打った「A」の場所、どこだったっけ?

 キーボードを使い慣れていない人にありがちなこのようなタイピング方法、何と呼んでいますか? 実は英語には“やたらとかっこいい名前”が存在するそうです。

解説

 キーボードとにらめっこしながら数本の指でタイピングする方法は「コロンブスシステム」「コロンブスメソッド」と呼ばれることがあります。キーの位置を覚えておらず、1つ1つ“発見して”打っていくことから、“アメリカ大陸の発見者”として知られるクリストファー・コロンブスにちなんだ名前のようです。

 ちなみに、キーボードを見ずに入力する「タッチタイピング」はキーボード誕生当初から存在していたわけではなく、初期のタイピスト(タイプライターで文書作成する職業)は、コロンブスシステムで入力していたそうです。……何となく予想がつくかもしれませんが、その入力速度は「手書きにも劣る」レベルだったとか。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」