実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材 NMR ねとらぼミステリー調査班(1/3 ページ)

ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。

» 2018年10月13日 09時30分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 学研プラスが10月12日から開催中の「創刊40周年記念 ムー展」。そのメディア内覧会に一足はやく潜入してきました。ユリ・ゲラー氏が曲げたスプーンやサイババ氏の奇跡の「ビィブーティ(聖灰)」など激アツの展示物が並ぶ中、名物編集長の三上丈晴氏が語った平成最大のムー事件簿とは……!


ムー ムー展 UFO 10月12日から開催中の「創刊40周年記念 ムー展」

ムー ムー展 UFO メディア向け内覧会に潜入! 途中で色が変わる「魔女のパワーストーンドリンク」が振る舞われました。おいしい!

 やってきたのは池袋パルコのPARCO MUSEUM(本館7階)。1979年10月9日に創刊された『ムー』のこれまでの歴史や世界観を堪能できる展覧会です。入り口で来場者を待ち構えるのは、「創刊40週年記念 特別号外」と題された「ムー“編集長”新聞」の特大パネル。パネルには三上編集長による「『ムー』は大胆な仮説を楽しむ雑誌だと思っている」という見解や、来場者への謝辞がつづられていて、なぜオカルト情報誌である月刊『ムー』が長年に渡り愛されてきたのかが伝わってきます。


ムー ムー展 UFO パルコのエレベーターにもムー展の告知。ワクワク

ムー ムー展 UFO 「ムー“編集長”新聞」の特大パネル

ムー ムー展 UFO 『ムー』といえば名物編集長の三上丈晴氏

 第1エリアには、これまで発行された全ての『ムー』の表紙が並ぶパネルが置かれています。ムー編集部によると、「古い表紙はスキャンし直したりしました」とのことで、実は今回の展示で一番手間がかかっているのはこのパネルとのこと。「パルコさんの歴代展示物の中でもこんなに文字数が多いものは初めてだと思うので、しっかりとご覧いただけるとうれしいです!」と自信を持って勧めていました。


ムー ムー展 UFO 創刊号から最新号までの表紙がズラリ

 また同エリアには、幻の「創刊準備号」や生頼範義さんによる「カバーアートの原画」の他、「ニホンオオカミのミイラとされるもの」「ビッグフットの足型」「UFO事件調査に使用されたガイガーカウンター」などを展示。各アイテムにまつわる記事を添えて、取材内容や見解などを示すなど、学術誌としての側面もしっかりと見せてくれます。


ムー ムー展 UFOムー ムー展 UFO 生頼範義さんによる「カバーアートの原画」

ムー ムー展 UFO 「ビッグフットの足型」

ムー ムー展 UFO 「UFO事件調査に使用されたガイガーカウンター」

 ねとらぼ編集部が注目したのは、「UFO事件調査に使用されたガイガーカウンター」。UFOや宇宙人が飛来したとみられる土地の砂などを付属のスコップですくい、それにガイガーカウンターを近づけて放射線量を測るのが一般的。もし放射線量が高ければ、宇宙からの訪問者の足跡かもしれないとされています。


ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

 近年はポケットサイズになっているガイガーカウンターですが、1986年当時はショルダータイプで、単一電池3本が原動力だったようです。科学の進歩を感じる。


ムー ムー展 UFO

 第2エリアは『ムー』のバックナンバーをためし読みできるスペースが中心。「1998大予言―動き始めた破局(第201号)」の隣に「聖書大預言1999年に破局は来ない!!(第207号)」が並ぶなどシュールな本棚の一角で発見したのは……サティヤ・サイババ氏の「ビィブーティ」が入った小瓶!!! え、こんな無造作に置いてあるの? というところにありました。しかも周りの人が全然気づいてない。なぜだ……!!!


ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO どっちなの……!?

 サイババ氏とは日本でも話題になったインドの聖人で、「ビィブーティ」と呼ばれる聖灰や貴金属などを空中から出現させることで人気を博しました。「2020年まで生きる」と自ら予言していましたが、2011年に惜しまれつつ死去。『ムー』では、サイババ氏が「すでに霊的な形で転生しているともいわれている」と紹介しています。


ムー ムー展 UFOムー ムー展 UFO サティヤ・サイババ氏の「ビィブーティ」が入った小瓶

ムー ムー展 UFO 過去に誌面に付属していたことがあるツチノコのペーパークラフト。なつかしすぎる……

ムー ムー展 UFO

 さらに今回の展示の目玉である、ユリ・ゲラー氏が実際に曲げたスプーンも第3エリアに展示。超能力ブームの火付け役ともいわれるユリ・ゲラー氏は、『ムー』読者にとってもおなじみの存在で、今回展示されているものは同氏をインタビューした際に、曲げてもらったものとのこと。


ムー ムー展 UFO ユリ・ゲラー氏が曲げたスプーン

 同インタビューに同行したムー編集部員は「もともとあのスプーンは私の自宅にあったものなのですが、インタビューの際に持っていって『曲げてもらえませんか』と頼んだんです。最初は断られたのですが、インタビューを撮り終わった瞬間に急に『曲げるから』といわれて。ものの20秒ぐらいでスプーンがグニャリと曲がりました」と当時の様子を語ってくれました。曲がったスプーンには同氏のサインが書かれており、「スプーンを曲げてからサインをして記念撮影に応じるまでものの30秒程度。こんなに早く曲げられるんだとびっくりしました」と振り返っていました。


ムー ムー展 UFOムー ムー展 UFO スプーンのサイン(左)とユリ・ゲラー氏(右)

 第3エリアには、著名人から寄せられた祝辞コーナーの他、『ムー』が厳選したUMAとの記念撮影ができるトリックアートブースを用意。祝辞コーナーには福山雅治さんや吉崎観音さんからのコメントなどもあり、胸熱でした。


ムー ムー展 UFO 祝辞コーナー。芸能界にも熱烈なファンが多い『ムー』

ムー ムー展 UFO トリックアートコーナー

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO 超常現象研究家の秋山眞人さん(左)も内覧会にいらっしゃっていました。三上編集長と記念に1枚

 さらに同エリアには、三上編集長の編集デスクを再現した展示もあり、こちらも人気を博していました。まず目に入るのは神棚、時計、そして宇宙人の模型、そして机の上に広げられた原稿のゲラです。


ムー ムー展 UFO 三上編集長のデスクを再現したもの

ムー ムー展 UFO 三上編集長が座るとこのような感じ

 ゲラには赤ペンで細かく修正が入れられている他、ごみ箱には“ロシアで発見された漂着UMA”に関する原稿が捨てられており、興味を引きます。また抽斗(ひきだし)の上には、三上編集長のトレードマークであるサングラスのケースや原稿が入った封筒が大量に置かれており、封筒からはみ出た原稿の文字にまたドキドキ。これがムー編集部か〜うらやましい。


ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

ムー ムー展 UFO

三上編集長に聞く、「月刊『ムー』最大の事件簿」

 ここからは今回の展覧会や昨今のオカルト事情まで、1991年から『ムー』に携わってきた三上編集長や編集部員さんにもお話を聞いていきます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」