コラム
» 2018年10月22日 11時00分 公開

【マンガ】その修行、俺も混ぜて〜! 中世の修道士が断食中に口にしていた「液体のパン」がゴクゴク飲みたい

こんなの、まずいわけがない。

[ねとらぼ]

 ビールはコンビニなどでも販売されている身近なお酒ですが、その歴史は長く、誕生したのは古代メソポタミアのころだといわれています。

 実はビール製造は中世ヨーロッパの修道院でも行われており、“ある修行”のときにも利用されていたとか。今回は食べ物に関する雑学をまとめてご紹介します。

断食中の修道士が飲んでいた「液体のパン」

 パン同様、麦を原料に作られるビールは、「液体のパン」といわれることがあります。この由来についてははっきり分からない点もあるようですが、中世ヨーロッパの修道院では断食の際、思うようにとれない食事を補うものとしてビールを口にしていたとか。

 あくまでも「断食中に固形物を口にするのはいけないが、液体ならOK」という考えにのっとったもので、ルール違反ではなかったようですが……何か楽しそうだなあ、その修業スタイル。



パンケーキの“パン”は食パンの“パン”ではない

 パンケーキの「パン」は食パンの「パン」ではなく、フライパンなどの調理器具を指す言葉。辞書などを調べると、「パンケーキとは小麦粉や牛乳などを原料とする食べ物。薄く、丸く、平らで、フライパンなどで作られる」のように説明されています。

 日本では洋風のスイーツの名前などとして定着していますが、海外ではどら焼き、お好み焼きが「Japanese Pancake」と紹介されることも。実は、かなり幅広い食べ物を意味する言葉なんですね。



あのラーメンの具材が「メンマ」と呼ばれるようになった理由

 ラーメンの定番具材として親しまれているメンマ。その名前は「『麺』に載せる『麻』筍(まちく)」であることから、国内の企業・丸松物産の創始者が考案したといわれています。「麻筍」とは竹の一種の名称で、このタケノコが材料に使われていたのだそうです。

 ちなみに、メンマを麺類に載せるのは日本独特の食文化で、中国などではそのような食べ方をしないのだとか。



本当はめっちゃややこしいクッキー、ビスケットの違い

 「クッキー」「ビスケット」が意味する食べ物は「イギリスでは大きさ、柔らかさなどからクッキー、ビスケットが区別される」「アメリカではまとめてクッキーと呼ばれる」といった具合に、英米で微妙に異なるのだとか。この違いをちゃんと説明しようとすると、以下のようなややこしいことになってしまうのだそうです。

  • イギリスのビスケット=アメリカのクッキー
  • アメリカのクッキー=イギリスのクッキー
  • アメリカのビスケット=イギリスのスコーン

 日本ではどうかというと「ビスケット類の表示に関する公正競争規約」という決まりのなかで、クッキーは「(ビスケットのうちで)『手づくり風』の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもの」などと定義。これに従うと「クッキーはビスケットの下位分類」ということになります。



バナナは“本当の本当に”果物なのか

 果物と野菜の分類法の1つに「木にできるのが果物、草にできるのが野菜」というものがあります。「バナナの木」という表現が使われることがありますが、バナナは多年生草本性の植物で、地上に出ている木のような部分はたくさんの葉っぱの根本が重なり合ってできたものなのだそうです。

 このように考えると「バナナ=野菜」ということになりますが、実は野菜と果物にはさまざまな分類法があり、境界線は曖昧。スイカのように、野菜に分類されながらも利用方法が果物に近いものには「果実的野菜」というグレーな表現が使われることもあり、「野菜か果物か、断言するのは意外と難しい」というのが実際のところのようです。



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」