「あなたの誕生日は? ああ、その日は○曜日だね」を一瞬でできるようになる(かもしれない)方法

わかったけどわからん。

» 2018年10月20日 11時30分 公開
[QuizKnockねとらぼ]

 皆さんは、自分が生まれた日のことをどれくらい知っていますか?

 その時どんなことが流行していたかとか、その日がどんな天気だったかを親から聞かされた(あるいは調べた)、という方もいらっしゃるかもしれません。

 では、曜日は?

 今回は、「誰かの誕生日を聞いて、その曜日を当てる」ことを目標に、方法を考えてみたいと思います。


曜日を求める公式

 日付を聞いて即座に「何年何月何日? それは●曜日だよ!」と言い当てることに憧れたことはないでしょうか。年月日も元をたどれば数字なので、計算すれば曜日を求めることが可能、というのはなんとなく想像のつくところかと思います。

 そして、この過程を公式化したものがあります。それが以下の「ツェラーの公式」と呼ばれる式です。


 西暦(グレゴリオ暦)y年m月d日の曜日を表すhは、

 なお、[x]は「xを超えない最大の整数」を、x mod nは「xをnで割った余り」を表し、式中のYは西暦の下2桁(100で割ったときのあまり)を表す。また、各年1月・2月はそれぞれ前年13月・14月として計算する。

 hが1, 2, ……, 0のとき、それぞれ日, 月, ……, 土曜日であることを表す。


 簡単にいえば、「y年m月d日」という西暦の日付から「通算の経過日数」を求め、それを7で割った余りから曜日を決定する式になっています。この式を使って計算すれば、グレゴリオ暦(現在の暦)が続く範囲ならどんな日の曜日でも求めることができます。


もう少し簡単に

 しかし、こんな長ったらしい式を覚えるのは大変! ということで、この式をもう少しだけ簡略化して紹介しようと思います。

 「年(y)」→「月(m)」→「日(d)」の順で必要な数値を考えて足し合わせ、それを7で割って出た余りによって曜日を判定する、という方針です。

 まず、年の部分。西暦の「下2桁(上の式におけるY)」と「下2桁を4で割った商(余りは無視)」を把握します。



 ただし、1月・2月について考えたい場合はその前の年の西暦を利用します(例:2000年1月は1999年扱い)。



 次に、月に関する部分。式中の[26(m+1)/10]を毎回計算しなくても、各月のこの値を7で割った余りを覚えてしまって、その余りを式に当てはめることで正しい結果が得られます。

 例えば1と71は、「7で割った余りが1」という意味では等しいですよね。これに同じ数を足したり引いたりしても、どちらの場合でも「(7で割った)余りが同じ」ことには変わりありません(例:それぞれに10を足すと、どちらも余り4)。よって、このように簡略化することが可能といえるということです。

 ここは暗記するほかないのですが、ひとまず以下の数字の対応関係を覚えます。そして、計算する日の月と対応する数字(余り)を把握します。



 そして、日はそのまま考えます。

 今まで把握した「西暦下2桁」「下2桁を4で割った商」「月に対応する数字」「日」を足します。

 そして、1900年代生まれの場合はさらに1を足します(2000年代ならそのまま)、出てきた値を7で割ります。そして、余りと対応する曜日(日曜は1, 月曜は2……)を考えてやれば、計算終了です。



 ちなみに、「1900年代生まれの場合は〜」のところは式中の-2[y/100]+[y/400]のところを反映しています。1900年代ならこの値が-34(7で割って余り1)、2000年代なら-35(余り0)になるためです。ここで言う「●年代生まれ」にも1月・2月の前年扱いが適用される(=2000年1月・2月は1999年扱い)ことに注意してください。

 例えば「1990年1月31日」の場合、1月なので対応する数字は1、年の下2桁は89(1月なので前年扱い)、4で割ると22(余り1)。よって89+22+1+31+1=144と計算でき、これを7で割った余りは4なので、この日は水曜日ということになります。



まとめ

 いずれの方法も覚えること自体は多いですが、計算自体に複雑な関数はほとんど使われていません。暗記さえしてしまえば、こっちのものです。

 というわけで、誕生日の曜日当てをスムーズにできるようになりたい、という方は練習あるのみだと思います。何事にも努力はつきものということで今日から特訓を始めましょう!

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  3. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  4. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  7. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」