ニュース
» 2018年11月03日 13時25分 公開

波を5段階で生み出すマシンが誕生 1時間に2400回、湖でもサーフィンができる時代に

サーフィンが身近になるかもしれません。

[関口雄太,ねとらぼ]

 オーストラリアで開発された人工的にサーフィン用の波を起こす技術のテスト運用が行われ、サーファーたちの注目を集めています。プロのサーファーが波に乗っても「こんなに良いとは思わなかった!」と満足するクオリティーのようです。


サーフレイクスのデモンストレーション

 オーストラリアの企業Surf Lakes Limitedが開発したThe Surf Lakes technology(サーフ・レイクス・テクノロジー)は、湖のような自然には波が起きない環境で、海のような波を作り出すことができる技術。公式サイトによれば、1時間に生み出すことができる波の数は2400。

 サーフィンは世界中で楽しまれている魅力的なスポーツですが、サメに襲われたり、溺れてしまったり、命の危険に関わる事故も発生しています。サーフ・レイクスは、サーフィンをより安全に楽しむ技術として開発されました。


プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 中心にあるマシンが上下して波を作る(画像はThe Surf Lakes&trade technologyより)

プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 波を発生させるテスト風景(画像はYouTubeより)

 サーフ・レイクスは、5種類の波を同時に発生させる技術が特徴。中央に浮かんでいるマシンが上下して波を作り出します。

 単純に全方位に同じ高さの波が作られるわけではなく、5段階にレベル分けされた波を生成でき、初心者からプロまで、レベルに応じた高さの波を体験できます。競技会やイベントなどでの利用が想定されています。


プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 (画像はThe Surf Lakes&trade technologyより)

 5Wavesアンバサダーで、1999年のワールドサーフィンチャンピオンでもあるマーク・オクルーポさんは豪メディア「news.com.au」の取材に「すごいとは思っていたけれど、こんなにすごいとはね! これを見たら、世界中の人は吹き飛んでしまうよ」と驚きを語っています。


プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 サーフレイクスの波に乗るオクルーポさん(画像はYouTubeより)

 同メディアによると、実物大のデモンストレーション施設が完成するまでにかかった期間は2年。ちなみに、設立者のAaron Trevisさんがこの技術を思いついたキッカケは「水に石を投げたときにできる波紋の広がりを見たこと」であると紹介されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」