波を5段階で生み出すマシンが誕生 1時間に2400回、湖でもサーフィンができる時代に

サーフィンが身近になるかもしれません。

» 2018年11月03日 13時25分 公開
[関口雄太ねとらぼ]

 オーストラリアで開発された人工的にサーフィン用の波を起こす技術のテスト運用が行われ、サーファーたちの注目を集めています。プロのサーファーが波に乗っても「こんなに良いとは思わなかった!」と満足するクオリティーのようです。


サーフレイクスのデモンストレーション

 オーストラリアの企業Surf Lakes Limitedが開発したThe Surf Lakes technology(サーフ・レイクス・テクノロジー)は、湖のような自然には波が起きない環境で、海のような波を作り出すことができる技術。公式サイトによれば、1時間に生み出すことができる波の数は2400。

 サーフィンは世界中で楽しまれている魅力的なスポーツですが、サメに襲われたり、溺れてしまったり、命の危険に関わる事故も発生しています。サーフ・レイクスは、サーフィンをより安全に楽しむ技術として開発されました。


プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 中心にあるマシンが上下して波を作る(画像はThe Surf Lakes&trade technologyより)

プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 波を発生させるテスト風景(画像はYouTubeより)

 サーフ・レイクスは、5種類の波を同時に発生させる技術が特徴。中央に浮かんでいるマシンが上下して波を作り出します。

 単純に全方位に同じ高さの波が作られるわけではなく、5段階にレベル分けされた波を生成でき、初心者からプロまで、レベルに応じた高さの波を体験できます。競技会やイベントなどでの利用が想定されています。


プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 (画像はThe Surf Lakes&trade technologyより)

 5Wavesアンバサダーで、1999年のワールドサーフィンチャンピオンでもあるマーク・オクルーポさんは豪メディア「news.com.au」の取材に「すごいとは思っていたけれど、こんなにすごいとはね! これを見たら、世界中の人は吹き飛んでしまうよ」と驚きを語っています。


プロサーファーも驚愕 5段階の波を同時生成するマシンがテスト運用開始 サーフレイクスの波に乗るオクルーポさん(画像はYouTubeより)

 同メディアによると、実物大のデモンストレーション施設が完成するまでにかかった期間は2年。ちなみに、設立者のAaron Trevisさんがこの技術を思いついたキッカケは「水に石を投げたときにできる波紋の広がりを見たこと」であると紹介されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  2. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/23/news012.jpg ママを後追いして号泣する赤ちゃんに、猫がまさかの行動を見せ…… あまりに尊い光景に「自分の子どもだと思ってるんですね」
  5. /nl/articles/2406/23/news017.jpg 抱っこで熟睡している赤ちゃん、ママの声が聞こえた瞬間……! 天使のような反応に泣けるほどの愛と幸せがつまっている
  6. /nl/articles/2406/04/news193.jpg リビングで“水のみ”使ってレタスを育てたら……? ぐんぐんと育ち大量に収穫する様子に「一生レタス買わなくていい」「やってみたい」の声
  7. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  8. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  9. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  10. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」