ニュース
» 2018年11月25日 11時30分 公開

「寝つきの悪かった私が一瞬で眠れるようになった」 メトロノームアプリを使った入眠法を描いた漫画に反響

なかなか寝付けない人にとっては、寝ることにも努力が必要なんですよね。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 「同じように寝つきの悪い人が少しでも楽になるように」という思いから漫画家のみこるん(@micorun)さんがTwitterに投稿した「寝つきの悪かった私が一瞬で眠れるようになった方法」が話題です。個人差はありますが、なかなか寝つけない人は試してみるといいかもしれません。

みこるん 睡眠 メトロノーム

 子どものころから寝付きが悪くて、眠りにつくのに30分以上かかっていたみこるんさん。気分は眠いのに眠ることができず、これまでに睡眠アプリや読書などさまざまな方法を試し、行き着いたのがメトロノームでした。

みこるん 睡眠 メトロノーム 学校の音楽室で見かけたことあるメトロノーム!

 スマホのメトロノームアプリをかけて寝るだけのこの方法ですが、大事なのは「テンポを20〜30に設定すること」「耳を澄まして聞こえる程度の音量に設定して、メトロノームの音だけ集中して聞くこと」。そうすることで、自然と眠りにつくことができるといいます。電池の消耗やスマホの付けっぱなし防止のために、タイマーやスリープ機能をつけておくことも勧めています。

みこるん 睡眠 メトロノーム 1分あたり20回から30回音が鳴るテンポです
みこるん 睡眠 メトロノーム タイマーで自動オフされる機能があると便利ですね

 実際に漫画に描いてあることを試して眠れたという人たちから報告が届いており、中には夜中に一回も目を覚まさなかったという人もいます。

 漫画とまったく同じやり方でうまくいかない場合、音の種類や音量で変わるので、自分が落ち着く方法で試してほしいとみこるんさん。また「何日かやっていると、耳が集中している状態が分かってきます。逆に集中出来ていないと、時間が掛かったり効果を為さなかったりします」と、pixivで補足しています。

 みこるんさんによると、オススメのアプリはiOSでは「Smart Metronome」、Androidでは「メトロノームのビート」。「Smart Metronome」は当初寝落ちタイマーはついていませんでしたが、反響により寝落ちタイマーとバックグラウンド再生が実装となりました。

 「眠り」に悩みを持つ人は少なくはないはず。最適な眠りを得るために試す価値はありそうです。

画像提供:みこるん(@micorun)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  5. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
  9. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  10. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10