ニュース
» 2018年12月05日 19時30分 公開

推しとのツーショットチェキ、どんなポーズすればいい? 「基礎」から「応用」までがわかるチェキ現場必携本が登場

「このポーズでお願いします!」を迷わず言える!

[水田眞子,ねとらぼ]

 推しと撮れる思い出の一枚「チェキ」。でもポーズに悩んでしまう――そんなオタクの悩みを解消する本『〈推し〉が最高に尊くなる ツーショットチェキポーズHANDBOOK』(マイウェイ出版)が12月13日に発売されます。「基礎編」から「応用編」まで、ツーショットチェキのさまざまなポーズを写真付きで解説する内容で、"オタ活"と切っても切れないチェキのお悩みを一気に解決してくれそうです。

ALT 表紙に踊る"絶対結婚しような!"の文字

 チェキは富士フイルムが発売するインスタントカメラで、撮ったその場で現像された写真が出てくるのが特徴。そのスピード感と簡単には複製できないフィルムの仕組みから、ブロマイドに代わる唯一無二の写真グッズとしても親しまれています。

 アイドルやバンドなど応援する〈推し〉がいると、チェキを撮る機会も自ずと増えるもの。緊張してどんなポーズをすればいいかわからない、たくさん撮りすぎてポーズのネタが尽きてきた……そんなときの味方になるのがこのハンドブックです。定番を網羅した「基礎編」から、推しとの特別な距離感を演出する「応用編」まで、さまざまなポーズを写真付きで解説してくれます。

ALT 現場に持っていって、このポーズで!と指定する使い方もアリ

 著者は、コスプレイヤーの七瀬さくらさん。写真を撮られるプロともいえるコスプレイヤーならではの目線でポーズを伝授してくれます。

 イベントなどでチェキを撮られる機会も多い七瀬さんは、ファンとのコミュニケーションの中でも、チェキは「特別なもの」と考えているそう。実際に、撮影が終わったあとフィルムへのサインや落書きをしている時間に、遠方から現場に来たことなど、びっくりするような告白をされることも多く、「チェキでの距離感は、ファンが言いたかったことを言える時間を作ってくれる」と実感しているそうです。そう考えると、事前にこの本でポーズを決めることで撮影時の考える時間や慌てることが減り、推しとのコミュニケーションももっと捗りそう!

ALT どんな現場にも対応したポーズの数々

 掲載されているポーズの中で、七瀬さんが特におすすめなのは”数字チェキ”。撮影のみで、個別の落書きが出来ないイベントの時に「日付だけでも分かるように」と生み出された、日付の数字を手で表すポーズです。「推しとふたりで作り上げるポーズかつ、非接触なので難易度も低く、思い出にも残るポーズだと思います」とのこと。確かに、簡単だし頼みやすい……!

 「チェキ現場で推しとのツーショットに悩んだ時はもちろん、ポーズに悩んでるヲタク仲間がいるときにそっと差し出す一冊として活用していただきたいです」と、七瀬さん。逆に、アイドルなどがチェキでのポーズに悩んでいることも”あるある”だそうで、推しへの差し入れにもおすすめだそうです。

ALT 姫乃たまさんおすすめ"不動明王の印を結ぶポーズ"。やってみたい。

 このようなポーズ集のほかに、オリジナリティーあふれる思い出チェキを再現した「ヲタクエピソード編」や、地下アイドル・姫乃たまさん、グラビアアイドル・倉持由香さんとの対談も収録されています。

 『〈推し〉が最高に尊くなる ツーショットチェキポーズHANDBOOK』の価格は税込1500円。現在、書店やAmazonにて予約受付中です。

『〈推し〉が最高に尊くなる ツーショットチェキポーズHANDBOOK』商品情報

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  9. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  10. /nl/articles/2112/05/news043.jpg 木彫りの「溶けかけの氷」が目を疑うリアルさ 1つの木から掘り出して作った作品に驚きの声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」