ニュース
» 2018年12月11日 12時00分 公開

水深1万メートルにいる生き物は? 楽しい仕掛けがいっぱいの図鑑『深海の生き物』登場

大人も楽しめそうです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 楽しい仕掛けで深海生物のことを学べる『はっけんずかんプラス 深海の生き物』が、12月7日に学研プラスから発売されました。


深海の生き物 はっけんずかんプラス 深海の生き物

 “深海の生き物”と言っても暮らしている深さはさまざま。この図鑑は水深200メートルから1万メートルまで、生息している水深ごとに生き物を紹介しています。ページのタイプは2種類。「しかけページ」の“まどあきしかけ”は1つ1つがクイズ形式になっており、生き物たちの生態やヒミツを自分でめくって確かめられます。


深海の生き物 クイズ形式になった「しかけページ」
深海の生き物 生き物たちの生態やヒミツを紹介しています

 その後に続く「図鑑ページ」には実際の生き物の写真を掲載。幻想的な生き物や怖い顔の生き物など、個性的な姿が見られます。


深海の生き物 貴重な写真を使った「図鑑ページ」
深海の生き物 個性的な姿が見られます

 登場する生き物は約150種類。読み進めていくうちに、実際に海に潜っているような気分が味わえそうです。絵は小堀文彦さん、監修は本村浩之さん。A4判/36ページで価格は1980円(税別)。絵本の様な厚紙を使用しており、表紙のカバーにはホログラムシート加工が施されています。


深海の生き物 表紙のカバーはキラキラのホログラムシート加工

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.