ニュース
» 2018年12月16日 15時55分 公開

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる

年末年始はスマブラ。

[福田瑠千代ねとらぼ]

 4年ぶりに発売されたスマブラシリーズの新作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」。発売初週に123.8万本を売り上げ(ファミ通調べ)、シリーズ最高の出足を記録した同作ですが、SNSでは「説明が無くて初心者に厳しい」という意見が注目を集め、初心者から識者までが加わる場外乱闘の様相を呈しています。



 スマブラとは任天堂(と一部他社)の人気キャラクターが一同に介し、大乱闘を繰り広げるというコンセプトのゲーム。細かなルールもありますが、基本的には「相手にダメージを与えて場外にふっ飛ばすこと」が目的のシンプルな対戦ゲームです。

 ところが新作に対して、「チュートリアル無しでいきなり対戦することになり操作やルールが分からない」といった意見が噴出。確かに、メニュー画面を開いて最初に目につく「大乱闘」モードには「まずはここから 基本のあそび!」というざっくりとした説明しか書かれておらず、信じてプレイしてみると特にチュートリアルなどもありません。良く言えば、『いいからとりあえず遊んで覚えてくれ!』という作り手の熱いメッセージが伝わってくる仕様です。


スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる メニュー画面がとてもシンプル

 細かすぎる説明はゲームのテンポを阻害し、ゲームの面白さを削ぐ可能性もある諸刃の剣。ですが、近年の大作ゲームでは序盤で遊びながら内容が理解できるような考え抜かれたチュートリアルが実装されていることも多く、そちらに慣れてしまったプレイヤーから不満が出てくるのは自然なことのように思えます。

 そもそもスマブラとは一見簡単そうでいて、「勝つため」には覚えることが多いゲームでもあります。ジャンプを一瞬だけ入力する隙の少ない「小ジャンプ」や、入力方法が似ているスマッシュ攻撃と強攻撃の咄嗟の使い分け、膨大な登場キャラクターの能力把握などなど。プロゲーマーレベルでなくとも、中級者レベルでさえ「これは覚えていて当たり前」なテクニック・情報が膨大です。



 とはいえ「スマブラ SPECIAL」に解説のたぐいが全くないわけではありません。実はメニュー画面右側に隠れているある「ヘルプ」を開くと「全モードガイド」があり、ひとつひとつのモードが解説されています。しかし近年の格闘ゲームのような、キャラクターごとのコンボ解説のような丁寧な誘導はなく、やはり説明文はざっくり気味です。


スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる 右側の「ヘルプ」を開くと

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる 全モード説明があり、個々の遊び方の説明が読めます

 また、スタート画面で10秒程度放置するとチュートリアルが再生される機能もあります。こちらでは「あそびかた」「画面外に飛び出したらミス! だからふっとばされるな!」といった具合に、映像付きで初心者向けに分かりやすく解説してくれます。


スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる スタート画面で約10秒放置すると……

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる あそび方の解説が始まりました。シリーズプレイヤーだと懐かしさを感じる映像です

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる 分かりやすい

 同様の映像は1999年に発売されたNINTENDO 64版にも収録されていました。こちらは本当に文句なく分かりやすいので、初心者にはまずこれを見ていただきたいところ……なのですが、こちらは前述の「ヘルプ」からは見ることができないのが玉にきず。これにはTwitterでも「タイトルで放置したら分かりやすい操作説明ムービー出てきた。なぜこんなわかりづらい場所に…」と、困惑するユーザーが見受けられました。



 ゲームの動線が初心者に不親切だという声は目立ちますが、そうした不満に対しても「覚えながら遊ぶのも楽しい」「64版からの伝統だから」といった、同作の方針を擁護する意見もあり、正に賛否両論といった様相。大ヒット作でプレイヤー層が幅広いだけあり、この議論もまだまだ加熱しそうです。



よゐこの公式解説動画も親切なのでオススメです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」