ニュース
» 2018年12月16日 15時55分 公開

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる

年末年始はスマブラ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 4年ぶりに発売されたスマブラシリーズの新作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」。発売初週に123.8万本を売り上げ(ファミ通調べ)、シリーズ最高の出足を記録した同作ですが、SNSでは「説明が無くて初心者に厳しい」という意見が注目を集め、初心者から識者までが加わる場外乱闘の様相を呈しています。



 スマブラとは任天堂(と一部他社)の人気キャラクターが一同に介し、大乱闘を繰り広げるというコンセプトのゲーム。細かなルールもありますが、基本的には「相手にダメージを与えて場外にふっ飛ばすこと」が目的のシンプルな対戦ゲームです。

 ところが新作に対して、「チュートリアル無しでいきなり対戦することになり操作やルールが分からない」といった意見が噴出。確かに、メニュー画面を開いて最初に目につく「大乱闘」モードには「まずはここから 基本のあそび!」というざっくりとした説明しか書かれておらず、信じてプレイしてみると特にチュートリアルなどもありません。良く言えば、『いいからとりあえず遊んで覚えてくれ!』という作り手の熱いメッセージが伝わってくる仕様です。


スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる メニュー画面がとてもシンプル

 細かすぎる説明はゲームのテンポを阻害し、ゲームの面白さを削ぐ可能性もある諸刃の剣。ですが、近年の大作ゲームでは序盤で遊びながら内容が理解できるような考え抜かれたチュートリアルが実装されていることも多く、そちらに慣れてしまったプレイヤーから不満が出てくるのは自然なことのように思えます。

 そもそもスマブラとは一見簡単そうでいて、「勝つため」には覚えることが多いゲームでもあります。ジャンプを一瞬だけ入力する隙の少ない「小ジャンプ」や、入力方法が似ているスマッシュ攻撃と強攻撃の咄嗟の使い分け、膨大な登場キャラクターの能力把握などなど。プロゲーマーレベルでなくとも、中級者レベルでさえ「これは覚えていて当たり前」なテクニック・情報が膨大です。



 とはいえ「スマブラ SPECIAL」に解説のたぐいが全くないわけではありません。実はメニュー画面右側に隠れているある「ヘルプ」を開くと「全モードガイド」があり、ひとつひとつのモードが解説されています。しかし近年の格闘ゲームのような、キャラクターごとのコンボ解説のような丁寧な誘導はなく、やはり説明文はざっくり気味です。


スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる 右側の「ヘルプ」を開くと

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる 全モード説明があり、個々の遊び方の説明が読めます

 また、スタート画面で10秒程度放置するとチュートリアルが再生される機能もあります。こちらでは「あそびかた」「画面外に飛び出したらミス! だからふっとばされるな!」といった具合に、映像付きで初心者向けに分かりやすく解説してくれます。


スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる スタート画面で約10秒放置すると……

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる あそび方の解説が始まりました。シリーズプレイヤーだと懐かしさを感じる映像です

スマブラ新作は初心者に厳しい? ネットで賛否両論の場外大乱闘が盛り上がる 分かりやすい

 同様の映像は1999年に発売されたNINTENDO 64版にも収録されていました。こちらは本当に文句なく分かりやすいので、初心者にはまずこれを見ていただきたいところ……なのですが、こちらは前述の「ヘルプ」からは見ることができないのが玉にきず。これにはTwitterでも「タイトルで放置したら分かりやすい操作説明ムービー出てきた。なぜこんなわかりづらい場所に…」と、困惑するユーザーが見受けられました。



 ゲームの動線が初心者に不親切だという声は目立ちますが、そうした不満に対しても「覚えながら遊ぶのも楽しい」「64版からの伝統だから」といった、同作の方針を擁護する意見もあり、正に賛否両論といった様相。大ヒット作でプレイヤー層が幅広いだけあり、この議論もまだまだ加熱しそうです。



よゐこの公式解説動画も親切なのでオススメです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」