次郎とか三郎はわかるけど、「太郎」の「太」って何?

長男は太っていたのかな?

» 2019年01月14日 11時30分 公開
[QuizKnockねとらぼ]

 日本人男子の名前には、家族のなかで生まれた順序に基づく名前がついていることがあります。大体の場合は、「一郎」なら長男、「次郎」なら次男、「三郎」は三男……と続きます。もちろん例外はあり、「野球選手のイチローは次男」というマメ知識も一部では有名ですね。

 さて、上に挙げたほかに、「太郎」と名前がついている長男もたくさんいると思います。おなじみすぎて見逃してしまいますが、よく考えてみると「太」というのは、漢数字でもなく、「次」のような順序を表すものにも見えませんから、これが長男というのは奇妙な話だと思いませんか?

 長男を「太郎」というのは、なぜなのでしょうか。



「太」には「物事のはじめ」という意味がある

 「太郎」を分解してみると、そもそも「郎」が男性を指すことは想像がつくと思います。「新郎新婦」とも言いますね。

 そこで、次に調べるべきは、「太」という漢字です。これを漢和辞典で引いてみました。

意味

1.〈はなはだ〉はなはだしい。

2.おおきい。=大(たい)・泰(たい)

3.はじめ。「太初(たいしょ)」

4.身分の高い人への尊称。「太后(たいこう)」

(引用元:新選漢和辞典Web版)


 3.の記述にご注目。そもそも「太」という漢字には「物事のはじめ」という意味が含まれているようです。最初の子である長男に「太郎」とつけるのも、これを踏まえると理解できます。

 「太」を「はじめ」の意味で使った熟語としては、「宇宙の究極のおおもと」を意味する「太極」などがあります。

※「太」には上に示した以外に「ゆたか」などの意味もあり、どの意味合いが「太郎」の直接の由来かは必ずしも確実ではありません。


いつから「太郎」とつけはじめた?

 子どもが生まれた順番に「太郎」「次郎」とする呼び方は、平安時代の後半以降、武士の台頭とともに盛んになったとされています。

 当時の日本人の名前に関しては、本名=諱(いみな)を口に出すことをはばかるという風習がありました。その代わりに、就いていた官職の名前や、生まれた順にもとづく「太郎」「次郎」などの言葉を、通称として呼んだり、名乗ったりしていたのです。

 例えば、源義家(みなもとのよしいえ)は源頼義の長男です。これと、「石清水八幡宮で元服した」というエピソードが合わさって、通称の「八幡太郎」が生まれたとされています。



名前の漢字は奥深い

 今回の「太」のように、身近な漢字が意外な意味を持ち合わせていることは少なくありません。初心に立ち返って「この漢字はそもそもどういう意味だっけ」と調べてみるのも、思わぬ発見がありますよ。


参考文献

『新選漢和辞典Web版』小学館

山中襄太(1975)『人名地名の語源』大修館書店

渡辺三男(1976)『日本の人名』毎日新聞社

奥富敬之(2007)『名字と名前を知る事典』東京堂出版

杉本つとむ(2005)『語源海』東京書籍


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」