ニュース
» 2019年01月14日 10時00分 公開

世界初の等身大モーションフィギュア、お値段2000万円で登場 身長155cmの素体がなめらかに踊る

外見は自由にカスタマイズ可能。映画やライブの演者、テーマパークや店舗の案内役といった用途が考えられています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 世界初の等身大モーションフィギュアを、ロボット開発会社のスピーシーズが発表しました。いわば、同社が2017年に発売したロボットアイドル(関連記事)の大型化。身長155センチの素体が滑らかに踊るデモ動画が公開されています。


高坂ここな

高坂ここな高坂ここな

高坂ここな高坂ここな

高坂ここな高坂ここな 37カ所の関節が自由に動き、多彩な表現を実現

 37カ所の関節を動かし、感情をしぐさで伝えられるほどの自由度を持つ、モーションフィギュアのプラットフォーム。胴体は台座と支柱で支えられており、台座にも水平移動などの動きをつけられるため、繊細かつダイナミックな動きを実現しています。

 価格は標準外装(同社オリジナルキャラクターの高坂ここな)とシステムソフトウェアをあわせて、2000万円(税別)から。外装や骨格はカスタマイズが可能となっています。

 同社は映画やライブなどの演者や、テーマパークの案内役など、さまざまな用途を想定。1月16日から受注を開始するとともに、同日開催のロボット技術展示会「ロボデックス」で実演を予定しています。


用途 幅広いビジネスシーンに対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.