ニュース
» 2019年01月21日 17時43分 公開

防衛省、レーダー照射事案発生時の“音”公開 事案に関する「最終見解」も

韓国の一連の対応について「これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返していると結論付けざるを得ない」と強く非難。

[ねとらぼ]

 防衛省は、海上自衛隊のP−1哨戒機が韓国海軍駆逐艦から火器管制レーダーを照射された事案について、防衛省の最終見解と、事案発生時に同機が探知した音(一部、保全措置を講じているとのこと)を公表しました


防衛省 レーダー照射

 発表した最終見解では、韓国の一連の対応について「これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返していると結論付けざるを得ない」と強く非難。「韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます」と改めて主張しています。


防衛省 レーダー照射 防衛省の発表概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.