ニュース
» 2019年01月21日 21時00分 公開

平日10食限定のスペシャルないちご祭り「ストロベリーアフタヌーンティー」! 浦安ブライトンホテル東京ベイでときめく(1/3 ページ)

ビュッフェや豪華なホテルステイもレポート。

[あかいけまい,ねとらぼ]

 東京ディズニーリゾートからバスで15分、新浦安駅直結の浦安ブライトンホテル東京ベイ。ディズニーパートナーホテルの1つで、2018年に開業25周年を迎えています。ストロベリーアフタヌーンティーやビュッフェ、ホテルステイなど、大切な日に来たくなるホテルでの体験をレポートします。

浦安ブライトンホテル東京ベイ

春のスイーツを堪能! ストロベリーアフタヌーンティー

 1階ロビーラウンジ「シルフ」では3月29日までの期間限定でストロベリーアフタヌーンティーを提供しています。2018年7月よりアフタヌーンティーを一新。今季1月〜3月はストロベリーアフタヌーンティーで、旬のいちごをめいっぱい楽しめます。

 実は、浦安ブライトンホテル東京ベイでフルーツにテーマを限定して展開するのは初めて。担当者いわく、「初日完売の大盛況」といいます。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 写真は2人分のアフタヌーンティーセット

 日替わりのオードブルと3段ハイティースタンドが豪華。いちごスイーツは全8種類で、どれも果肉をたくさん味わえるようにと生のいちごが添えられています。それぞれの味の変化を飽きることなく堪能できます。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 肉、魚、野菜のバランスがいい軽食プレート

 下段のフードは、サンドイッチとタルティーヌ。分厚いジューシーなローストビーフ、香り豊かなスモークサーモン、あっさりとした胡瓜のマリネとチーズと、バランス感のいいラインアップです。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 中段はクリームを楽しんで

 中段のスイーツは、ナポレオンパイ、いちごのシュークリーム、いちごのムース。ナポレオンパイは「パティシエ自慢の一品」といい、表面がキャラメリゼされたサクサクのパイ生地、甘さすっきりのカスタードクリーム、フレッシュないちごが最高のハーモニーを奏でています。一口で食べるにはもったいないおいしさ!

 シュークリームはホイップカスタードがふわふわで、クリームの違いを楽しめます。いちごのムースは、濃厚なババロアにカットされたいちごが爽やかに絡みます。

浦安ブライトンホテル東京ベイ とても華やかなプレート

 上段は華やかな5種類。いちごのショートケーキ、いちごの生チョコ、いちごのクープ、いちごのタルト、ブラウニーです。チョコレートの装飾がフォトジェニック!

 パティシエのイチオシはいちごのクープ。ふわふわの練乳風味のゼリーといちごのジュレが抜群の相性です。添えられたマカロンも食感の変化が楽しめてうれしい。タルトはレアチーズクリームとフレッシュいちごで甘さ控えめ。隣にブラウニーと生チョコがあって緩急がつけられるので飽きません。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 吹き抜けの天井で明るい開放的なラウンジ

 お茶はおかわり自由で飲み放題なのもうれしいですね。期間限定のハニーストロベリーティーは、カップに注がれた瞬間から芳醇な香りがふわりと舞ってうっとりします。いちご尽くしのメニューと一緒に飲んでもしつこくないフレーバーティーです。その他定番の紅茶、ハーブティー、コーヒー、デカフェ系など全16種類が楽しめます。

浦安ブライトンホテル東京ベイ どれから食べようか迷います

 ソファー席でゆったりまったり時間を忘れて楽しめる特別なアフタヌーンティーは、平日限定10食(14時〜17時)。ティーセット3800円、シャンパンセット5000円です。電話や「一休.com」での予約が可能です。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」