ニュース
» 2019年01月24日 14時20分 公開

Tカード、「個人情報を令状なしで警察に提供」に批判 個人情報保護委員会に問題ないか聞いてみた

個人情報保護法を所管する国の機関に聞いてみました。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 ポイントカード「Tカード」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が、利用者の会員情報や利用履歴を令状なしで捜査機関に提供していたとの報道を受け、議論を呼んでいます(関連記事)。そもそも法律上の問題はないのでしょうか。個人情報保護法を所管する個人情報保護委員会に聞いてみました。

Tカードの写真 Tカードが令状なしで捜査機関に情報提供してたというけれど…?

 個人情報保護委員会からは、あくまでも個人情報保護法の制度の話という前提で回答を得ました。カード運営会社以外の第三者に個人情報を提供する場合には、あらかじめ本人の同意を得る必要があります。ただし、法律には例外事項が定められており、例外に当てはまる場合には本人の同意なく提供することができます。その例外事項のなかに「法令に基づく場合」というものがあります。

個人情報保護法 法第23条に「法令に基づく場合」は本人の同意なく第三者に情報提供してよいとある(個人情報保護委員会ウェブサイトより)

 「法令に基づく場合」とは何を指しているのでしょうか。「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編)」に例が示されています。それによると、警察の捜査の他、税務署の調査や弁護士会からの照会も「法令に基づく場合」に該当します。

例外的に個人情報を第三者に提供できる場合

  • 警察の捜査関係事項照会に対応する場合(刑事訴訟法第197条第2項)
  • 裁判官の発する令状に基づく捜査に対応する場合(刑事訴訟法第218条)
  • 税務署の所得税等に関する調査に対応する場合(国税通則法第74条の2他)
  • 製造・輸入事業者が製品の回収等の措置をとる際(消費生活用製品安全法)
  • 弁護士会からの照会に対応する場合(弁護士法第23条の2)
個人情報保護ガイドライン ガイドラインでは、警察のほか弁護士会なども例示(個人情報保護委員会ウェブサイトより)

 CCCは「2012年から、『捜査関係事項照会書』があった場合にも、(中略)捜査機関に協力してまいりました」とコメントしています。これについて個人情報保護委員会に聞いたところ、「個別の案件について、報道の内容だけでマルかバツかは言いづらいものの、限りなく法令に基づくものと考えられます」とコメント。また、法令に基づく照会に対する個人情報提供は、行うことを利用規約に書いていなくても「全く問題ない」との見解でした。

個人情報保護委員会について 個人情報保護委員会は事業者を監督する立場でもあります(個人情報保護委員会ウェブサイトより)

Tカード以外の各社の対応は?

 Tカード以外の対応はどうなっているのか、Suica(JR東日本)、dポイントカード(NTTドコモ)、Ponta(ロイヤリティ マーケティング)、楽天ポイント(楽天)の4社に聞きました。

 Suicaを運営するJR東日本では、法令に基づいた照会(捜査関係事項照会や弁護士会など)があれば情報提供しているとの回答でした。そのことはJR東日本サイト「個人情報の取扱いに関する基本方針」にも記載されています。

 dポイントカードを運営しているNTTドコモでは、「捜査関係事項照会書」を始め、国税庁、海上保安庁、厚生労働省、弁護士会(弁護士法23条に基づくものの場合)に対して協力できる範囲で捜査に協力。ただし、通話内容など通信の秘密に関連する事項については、令状がなければ提供していないとのことでした。情報提供していることについては、契約時の説明書類や規約に記載しています。

 Pontaを運営するロイヤリティマーケティングは、捜査令状や「捜査関係事項照会書」には、必要な範囲で情報を提供。なお、情報提供しているのは、ポイントの付与利用に関する情報で、「購買履歴」については提供していないそうです。その他の照会も法令および規約等に従い、適切に対応しているとの回答でした。情報提供についてはPonta公式サイトの「個人情報保護方針・個人情報の取扱いについて」に記載されています。

 楽天では、捜査機関等公的機関から法令にのっとって書面にて正式に要請・命令があった場合、社内精査の上、個別に対応しているそうです。情報提供していることについては、個人情報保護方針に記載しています。


 取材の結果、少なくとも上記4社では「法令に基づく場合」に個人情報を第三者に提供する可能性があることを利用規約等に明記していたことが分かりました。また、Tカードを運営するCCCも今回の騒動を受け、「『法令で認められる場合』を除いて、個人情報について、あらかじめご本人から同意をいただいた提供先以外の第三者に必要な範囲を超えて提供はいたしません」と、例外的に個人情報を提供する場合がある旨を明記するようになりました。



 CCCが令状なしで警察に情報提供していた件については、個人情報保護法上の問題はなさそうです。しかしながら「規約に明記していなかった」点や「2012年にこっそり方針転換していた」点などへの批判は多く、今後は法令順守はもとより、透明性のある個人情報運用が求められそうです。

※一部追記しました

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい