メディア
ニュース
» 2019年02月01日 11時50分 公開

Yahoo!ニュース「大型ペット キリンも値上げへ」 ペットボトルではなくキリン(動物)の値上げを連想させるとツッコミ殺到

環境省「飼わないで」。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 Yahoo!ニュースで1月28日に掲載された「大型ペット キリンも値上げへ」という記事が、ペットボトルの値上げではなく動物のキリンの価格高騰を連想させると、ネット民からツッコミが殺到しました。

 並行して、「日本の家庭で飼える最大のペットはキリン」という「トリビア」もSNSで拡散。この際なので本当にキリンをペットにすることはできるのか、環境省に問い合わせました。


ヤフートピックスサイトキャプチャ 「大型ペット キリンも値上げへ」(ヤフートピックスより。編集部で赤線追加)/元記事はFNNが報じた「キリンも『大型ペットボトル』値上げへ 『生茶』『午後の紅茶』など」というタイトル


 「日本の家庭で飼える最大のペットはキリン」というネタは、かつてテレビ番組「トリビアの泉」でも紹介されたもの。そうは言っても成長すると5メートルもの大きさに成長する動物。本当に飼っていいのでしょうか。


家にキリンがいるイラスト キリンって本当にペットにできるのでしょうか

 環境省に取材したところ、「基本的にはお分かりだと思いますが、キリンはペットにするべきではありません」と、担当者。

 キリンが飼えるというウワサの根拠は、動物愛護管理法における特定動物(危険な動物)にキリンが指定されていることにあります。この法律では、危険な動物を飼うには自治体の許可が必要で、いくつかの基準を守らなくてはならないとあります。これを逆に解釈すれば、正当な手続きをし、基準を守りさえすれば個人でも飼えると読めます。

特定動物の説明 キリンを飼うには手続きが必要です(環境省 動物愛護管理法パンフレットより)

 法律上の特定動物(危険な動物)は、逃げたときに周辺の人へ危害が及ぶ危険性の高い動物が指定されています。この法律は動物園で飼育する場合にも適用され、キリンのほかにはゾウやクマやオオカミ、サーバルキャットやニシキヘビなどが指定されています。

 基本的に危険な動物を「飼ってほしい」というルールではなく、もしどうしても飼うのであれば、順守事項を全て守り、自治体の許可を事前に取らなくては飼えないようにするためのルールだったのですね。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.