ニュース
» 2019年02月06日 16時20分 公開

凸版印刷が浴室でも使える紙パックを開発 たためるのにプラスチックと同等の強度

濡れた場所でも使える紙パック。

[林美由紀,ねとらぼ]

 凸版印刷は、これまでのプラスチックボトルからの代替が可能な新しい紙パック「キューブパック」を発表した。価格は従来のプラスチックボトルとほぼ同等になるという。


キューブパック01 水回りで使える紙パックはプラスチックと同等の強度!

 紙パック内部に独自開発した透明バリアフィルム「GL FILM」をラミネートすることにより、従来のプラスチックボトルとほぼ同等の強度・性能を実現。プラスチックボトルと比較すると、石化由来材料を約75%削減できるという環境への配慮、そして、折りたたむことにより、平たんな状態で輸送、保管できるという省スペース化にも成功している。

 紙容器では難しいとされていた水まわりでの常時使用が可能な耐水性と、口栓を中央につけられる形状も特徴。液体はもちろん、粉体や固体を入れることもできる。浴室やキッチンなどの石鹸類だけでなく、医薬品や酒類など、さまざまな用途に使うことができ、汎用性が高い容器となりそうだ。


キューブパック02 折りたためるから輸送や保管も省スペース

 大手外食産業がプラスチックのストローをやめ紙製のストローへの変更を発表するなど、国際的な課題となっている廃棄プラスチックによる海洋汚染問題。それを受け、環境負荷を低減するパッケージにも注目が集まっている。同社はトイレタリー業界はもちろん、食品業界などプラスチックボトルを使用する企業に向け「キューブパック」を拡販し、2020年度に約10億円の売上を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.