ニュース
» 2019年02月20日 17時30分 公開

車名すごい「アドレナリン」だぜ スバルが2ドアクーペのコンセプトカー「新作VIZIV」をジュネーブで公開 (1/2)

アドレナリンどばどばなまで興奮させてくれることに期待。

[agar,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は、コンセプトカー「VIZIV」シリーズの新作「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(アドレナリンコンセプト)」をジュネーブモーターショー2019で発表します。2019年3月5日 18時45分(日本時間)公開予定です。

SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(写真:SUBARU、以下同)

 VIZIVは近年のスバルのコンセプトカーに使われるシリーズ名。「革新のための未来像」を意味し、近い将来のスバル車のデザインを示しています。

 昨年2018年のジュネーブショーでは次期「レヴォーグ」とみられるステーションワゴン「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」を披露(関連記事)。また、東京モーターショー2017では次期「WRX STI」とみられるオバフェンがキまり過ぎの骨太スポーツカー「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を公開しています(関連記事)

(参考)SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(2018年発表) (参考)SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(2018年発表)

 VIZIV ADRENALINE CONCEPTの正式発表に先がけて公開された画像からは、クーペスタイルを取り入れた2ドアのクロスオーバーSUVらしきボディー形状を確認できます。また、ドアミラー部分の突起が非常に小さいことも見て取れます。こちらはレクサス「ES」で採用されたような、カメラと車内のモニターを組み合わせるデジタルドアミラーではないかと想定します(関連記事)

 なお、2ドアSUVというパッケージングは2013年に発表された「VIZIV CONCEPT」とも共通しています。独特のフォルムや跳ね上げ式のシザードアなど、6年も前のコンセプトカーとは思えないほどに今見ても新鮮な初代VIZIV。2019年現在、残念ながら市販化には至ってはいませんが、6年の時を経て再び日の目を見ることになるのか。果たして「アドレナリン」はドバドバ出るのか、新たなVIZIV、そして近い将来の市販化に期待です。

(参考)SUBARU VIZIV CONCEPT(2013年発表) (参考)SUBARU VIZIV CONCEPT(2013年発表)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.