インタビュー
» 2019年02月24日 11時45分 公開

同人誌2冊目で商業デビュー。ボーイズラブ界に“ときめきの嵐”を巻き起こした芸能BL漫画『25時、赤坂で』(2/4 ページ)

[ひらりさ,ねとらぼ]

大切にしたのは、キャラのリアクション

――夏野さんの萌えるカップリングって、どんなものですか?

夏野 「才能」の有無や種類に焦点があたっている作品に惹かれやすいかな……。受け攻めの関係でいうと、攻めのほうが一枚ウワテなのに萌えます。でも、受けは受けで「攻め特化型の武器」を持っているようなふたり。

――麻水と由岐も、いざというときには由岐がねじ伏せにくるかっこよさを感じました。

夏野 受けに「強くあれ」と声をかけながら、描いています。

――『25時、赤坂で』のストーリーは、どうやって固まっていったんでしょう。

夏野 単行本一冊におさまるように大きなイベントを考えて、あとは1話ごとに打ち合わせして都度決めていきました。意識したのは、どういう展開になるとキャラクターが魅力的になるかです。「こういうことが起きたら、この人はどういう反応をするんだろう?」と考えながら、ストーリーを組み立てていきました。

――実際に描いていく際は、プロットからつくるんですか?

夏野 プロットと呼べるかどうか怪しいくらいの簡単なメモがあって、それを元にネームをしながら考えるという感じです。100均で買ったノートにいろいろ描いてみて、思考を整理しています。絵からせりふから何でも描いておくので、あんまりキレイに使えない……(笑)。A5とB5を用意して、そのときの気分で使い分けています。

夏野先生インタビュー 夏野先生のノート
夏野先生インタビュー 夏野先生の原画、下書き。繊細な線はアナログで描かれています

――梶川さんは、打ち合わせでどんな話をするんでしょう?

梶川 作家さん本人が何を描きたいかが大事なので、私の役割は「何をしたいか」「受け攻めどういうキャラがいいか」を聞くことです。夏野さんとの打ち合わせは、夏野さんにたくさんしゃべってもらって、それを脳内にインストールして、映画館のように上映し、「こういうことで合ってますか?」と返します。「ここからはノープランなんだな」ってわかったときは「こうしたら?」って提案することもあります。

夏野 「このシーンはもうちょっと長く読みたいですね」といった意見をいただけるのもありがたかったです。それを繰り返すことで、自分の中でも感覚がつかめていきました。

もったいぶらずに「ときめきの嵐」を巻き起こす才能

――あらためて、漫画家になって良かったことを教えてください。

夏野 単純に、お会いする方がみんな漫画好きなので、漫画の話をたくさんできることがうれしいです。私、これまでは漫画やBLが好きなのを隠していたので……。

――美大って、自分が好きなものの話をオープンにしているのだと思っていました。

夏野 私の性格が内向的だったんだとは思います。学部にいた4年間は、かっこつけて作品をつくっていたなあとも反省していて。「私はおしゃれなものだけが好きです」って顔をしたかったんですけど全然ダメでした。やっぱりそれだと続けられないんですよね。

 吹っ切れたのは、大学院に入ったころ。「もうどう思われてもいいや」と、美少年をモチーフにした作品をつくったんです。その後できた友人からは「あの作品見て、この人オタクだと思ったから声かけた」と言われました(笑)。

――オタバレがいい方向に作用している! 一方、漫画家になって、大変だったことはありますか?

夏野 漫画を描くのは大変だってわかっていたんですけど……描いても描いても大変ですね。描いて「わかる」こともいろいろあるんだけど、結局大変なんだということがわかるだけともいう……。

 身にしみているのは、単行本作業の大変さです。大変だとは聞いていたけど、読み手だった頃はいまいち何をしているか想像できなくて。たまにお手紙で「単行本作業が大変だと思いますが」と描いてくださる読者の方がいて、「この人はどうしてそのことを知っているんだ!?」と驚いています(笑)。

――息抜きはありますか?

夏野 ドラマですね。今クールは「初めて恋をした日に読む話」が癒やしです。イケメンの男の子が「すっごいイケメンです!」というていを貫いて演じてくれているのがすがすがしくて気持ちいい。主演の深田恭子さんも本当に良くて。あんなにかわいいのに「おばさんって言わないで!」と返すときのアラサー女子感が絶妙なんですよ。結局作業しながら見てしまっているので、あんまりうまい息抜きにはなってないのが悩みですが……。

梶川 編集からすると、新しいものをどんどん摂取してくださるのがとてもありがたいです。夏野さんの魅力って、「ときめきの嵐」をもったいぶらずに何度でも巻き起こしてくれること。それはご自身もさまざまな作品からときめきを得ているからこそだと思うんです。王道っぽいBLを描いてもどこかおしゃれな大人っぽさが出るのも、さまざまな作品を摂取していることで培ったバランス感ゆえだと感じます。

――ときめきの嵐、非常によくわかります。今後の執筆予定は決まっているのでしょうか?

夏野 2月の「on BLUE」から、『25時、赤坂で』の続編連載がスタートします。こんなにたくさんの方に読んでいただけるとは思っていなかったので、こうして続編を描けることにも新鮮に驚いているし、感謝しかないです。今後もエンタメ性を大切にしながら、描いていきたいです。

梶川 いちゃいちゃしてるシーンもありますよ!

――楽しみにしています!

夏野先生インタビュー 続編連載は「on BLUE」2月号で連載開始!
夏野先生インタビュー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響