ニュース
» 2019年05月06日 12時00分 公開

「新しいものを生むチャレンジを支えたい」 日本のクラウドファンディング先駆者「Makuake」に聞く、“サービスの意義”と“トラブルから学んだこと”(1/2 ページ)

「プロジェクトの広報活動をプラットフォームの広報チームがサポートするサービス」が成功の秘訣か。

[Kikka,ねとらぼ]

 自力では実現できないアイデアを現実にするため、ネットで多数の人から支援を募るクラウドファンディング。日本でもその仕組みが定着しつつあり、多額の支援を集めて成功するケースも見られます。


Makuake マクアケ クラウドファンディング 大成功をおさめた「片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援」プロジェクト

 日本のクラウドファンディング最大手はサイバーエージェントグループ参加のマクアケが運営するMakuake(マクアケ)。2013年にサービスをスタートし、これまでに5000件以上のプロジェクトを生み出してきました。アニメ映画「この世界の片隅に」や「glafitバイク」など大成功を収めた例もある一方で、「商品が届かない」といったトラブルも見られるように。マクアケにクラウドファンディング事業を始めた経緯、プラットフォーマーはどのような仕事をしているのか、課題への取り組みなどを聞きました。

なぜサイバーエージェントはクラウドファンディングサイトを作ったのか


Makuake マクアケ クラウドファンディング 左官で作られたロゴが印象的なオフィスはとてもオシャレ

インタビューをしたのは?

マクアケ 共同創業者・取締役の坊垣佳奈さん

2006年、新卒でサイバーエージェントに入社。株式会社サイバー・バズの立ち上げに携わり、2010年に取締役。その後、ゲーム子会社2社を経て、2013年 株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング(2017年に株式会社マクアケに社名変更)の立ち上げに参画、取締役就任。クラウドファンディングという仕組みの広報・PR活動や、大手企業・地方自治体とのプロジェクトの仕掛けを行い、クラウドファンディング市場の拡大に取り組んでいる。


――ここ数年「Makuake」と聞けば「クラウドファンディングのサイト」と認識する人が増えてくるなど、サービスが日本でもすっかり定着してきたと感じます。日本でクラウドファンディングサイトを立ち上げると決めた経緯を教えてください。

坊垣日本初のクラウドファンディングサイトは2011年にサービスをスタートした「Readyfor」さんで、「マクアケ」は、2013年5月1日に創業、8月7日に「Makuake」のサービスを開始しました。2011年東日本大震災が発生したときにクラウドファンディングサービスが開始したこともあり、当時の日本ではクラウドファンディングに対して、“寄付をすること”という認識を持っている方も多い印象で、募金的なサービスという感覚の方も多いように感じました。リターンもお礼状であったり、復興支援モニュメントに名前が刻まれたりというものが多かったと思います。そんな中私たちは「日本には残していく技術があって、クラウドファンディングというシステムが必要」だと考え、「Makuake」を作ることに決めました。

――日本でクラウドファンディングサイトを始めることによって、どんな効果があると考えていましたか。

坊垣「日本において新しいものが作りやすくなっていく」と考えました。例えばアメリカはスタートアップ支援の意識などが高く、ベンチャーが生まれやすい土壌がありますが、日本にはまだまだそういった環境が整っていないため、クラウドファンディングの必要性を感じたんです。一方で日本でサービスを提供することの難しさもあるなと考えていました。

――どういった点で難しさを感じましたか。

坊垣日本のユーザーは「早く正しく満足な製品が届く」という環境に慣れていますし、クラウドファンディングのサービス自体がEコマースに似ているというところもあり、審査の体制についてはできる限りきっちりとやらないと日本ユーザーの満足を得ることは難しいと思いました。

――審査というのはどのようなものなのでしょうか。

坊垣個別の審査基準は非公開となっていますが、私たちがやる審査というのは「実現性」の部分がメインです。「このプロジェクトはいくらぐらい達成しそう」とか「このプロジェクト発案者(企業)は後々伸びそうだ」とかそういう投資機関的な目利きをしてしまうことは「面白いところをそぎ落としてしまう作業」でもあるので、マクアケでは行っていません。あくまでも「製品化の能力があるか」「お届け予定のリターンの実現可能性があるか」「支援者に迷惑が掛からないような信頼性が担保されているか」、などを重視しています。

――集まった金額の20%(決済手数料5%を含む)が手数料とのことですが、具体的にはどんなことをしてもらえるんでしょうか。

坊垣1プロジェクトに1人、必ずキュレーターといわれる担当がつき、実際にお話を伺いながらクラウドファンディングプロジェクトの設計・グロース戦略の立案など丁寧にサポートさせていただきます。基本的にはプロジェクト実行者側でページを作っていただく「入稿」をお願いしています。支援者が「このプロジェクトを応援したい」と思うかどうかはプロダクトの見え方による部分が大きいため、ページの構成や写真の質などはかなり重視しており、プロジェクト実行者が入稿してきてくださったページを見て「このお写真だと製品の良さが伝わりづらい」とか「もっとこのポイントを推した方が共感されるのでは」といったことを客観的な視点でアドバイスさせていただいたりということは常に行っています。また、プロジェクトの魅力を発信する広報活動も広報チームがサポートしています。「Makuake」自体にリピーターの会員(支援者)が増えてきているので、メルマガやSNS等を活用しプロジェクトを告知したり、メディアへの情報発信をサポートしています。

――しかし例えばご年配の方などで、入稿が難しいという場合もありますよね。そういった場合はどうなるのでしょうか。

坊垣その場合は、「Makuake Creators Network」というサービスでプロのカメラマンやライターを特別価格で紹介することも可能です。

地銀がプロジェクト実行者を紹介する場合も

――プロジェクト実行者自らマクアケに対してクラウドファンディングの審査を申し込むというパターンが主だと思うのですが、紹介というパターンもあるのでしょうか。

坊垣お問い合わせ自体は毎月1000件程度いただいていますが、中には金融機関からご紹介していただいたプロジェクトもあったりします。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」