連載
» 2019年03月04日 12時00分 公開

ニュースの話を会社の人とするのって意外とむずかしくない? (1/2)

どこで地雷を踏むかわからない。

[斎藤充博,ねとらぼ]

マンガ連載:絶対に会社のマナーを守りたい

よく考えてみると「何そのマナー……?」と思えるような会社や社会の決まり事を、まじめだけど不器用な新入社員が絶対に守ろうと奮闘します。


 よく「政治と宗教の話は禁句」なんてことを言いますが、お店のテレビなんかでなんとなく流れているニュースにコメントをはさむのって、なかなか勇気が要りますよね。話し相手は、今やっているニュースの内容に肯定的か、それとも否定的なのか。



※参照:会社で趣味の話ってどこまで深くしていいの? 悩んだ末にとった行動

※「丸之内がニコニコしていた理由」は次回判明します……


 マンガでは芸能人のゴシップの例を出してみました。これくらいどうでもいいニュースでも、感想を完全に共有するのってなかなかむずかしい……。会話している相手がどんな状況にあるのかは、わからないからです。

 そういえば、テレビが置いてある中華料理屋さんに行って、なんとなくみんな無言になったままランチをしてしまったことがありました。なんとなく気まずいな……と思っていたのですが、あれはあれで正解だったのかもしれない。


これまでのお話


ライター:斎藤充博

斎藤充博

記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「ふしぎ指圧」を運営中。

Twitter:@3216ライター活動まとめ


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.