連載
» 2019年03月11日 12時00分 公開

会社の上司とランチ……「自分の好きなもの」は頼んじゃダメ? (1/2)

「タンメン……これはむずかしい」

[斎藤充博,ねとらぼ]

マンガ連載:絶対に会社のマナーを守りたい

よく考えてみると「何そのマナー……?」と思えるような会社や社会の決まり事を、まじめだけど不器用な新入社員が絶対に守ろうと奮闘します。


 会社のみんなと行くランチ。基本的には好きな物を食べればいいのですが、なんとなく「周りに合わせた方がいいのかな……」なんて思ってしまうこともありますよね。ベストな注文はあるのでしょうか。



※「なぜ先輩がにらんでいたのか」はこちら:ニュースの話を会社の人とするのって意外とむずかしくない?


 昼時の「個人経営の中華料理店」って、独特の緊張感がありませんか? みんながラーメンを頼んでいるのに一人だけチャーハンを頼むと、ちょっとヘンな雰囲気になったりして。注文を待っているとチャーハンだけ遅れてくる(実際にありました)。ようは、調理スタッフが足りていないってことですよね。

 また、オフィス街にある居酒屋もよくランチをやっています。ああいうところでむずかしいのが「焼き魚」ではないでしょうか。これも時間がかかりがちなメニューで、みんなが食べ終わるころに出てきたりしますよね。

 みんなが食べているのに一人だけ待っているのは、なんともいえない微妙な時間。あれけっこう苦手です。周りに合わせるか、そうでなければ、そっと一人で食べに行っちゃうのも、手ですよね……。


これまでのお話


ライター:斎藤充博

斎藤充博

記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「ふしぎ指圧」を運営中。

Twitter:@3216ライター活動まとめ


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.