コラム
» 2019年03月15日 12時00分 公開

小中学校へ携帯電話持ち込み、10年で「原則禁止→解禁」の大転換 ネット上は解禁反対派が6割(1/2 ページ)

どうして真逆の対応に?

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

 「小中学校へのスマホ持ち込み原則禁止」方針、文科省が見直しへ―― 各社が報じているこのニュースが、議論を呼んでいます。

 文科省は2009年、「携帯電話は、学校における教育活動に直接必要のない物」などの理由から、小中学校では生徒の持ち込みを「原則禁止にすべきである」と通知。それから10年たった今、なぜ指針見直しの動きが起こっているのでしょうか。



「持ち込み禁止」が生まれた時代背景

 先述の通知が行われた当時は「携帯電話を持っている子ども」が珍しくなくなっており、文科省の調査によれば、小学6年生の約25%、中学2年生の約46%、高校2年生は約96%が所有していたとのこと。いわゆる「学校裏サイト(※)」などが問題視されていた時期で、同省はネットいじめの対応事例集を公開するなどの対応を行っていました。

※学校裏サイト:特定の学校の話題を扱う非公式コミュニティーサイト。個人に対する悪口が実名で書き込まれるなどの被害が指摘されている。

 また、全国に先駆けて携帯電話持ち込み禁止の方針を打ち出した大阪府の実態調査(2008年度)では「携帯電話依存傾向が高いほど学習時間が短く、いじめ被害者、加害者になりやすい」と考察。さらに、保護者が認識しているよりも「児童生徒はネットをよく利用」「掲示板、ブログで悪口の被害」「携帯電話の使い方について、家庭内での約束を守っていない」とも結論付けられています。

 その一方で、「携帯電話を持っていて便利と思いますか」という質問に対しては小学生〜高校生のいずれの年代でも、「とてもそう思う/まあまあそう思う」という回答が大多数で、理由で多いのは「緊急や普段の連絡に便利」というもの。保護者が「子どもに携帯電話を持たせている」理由も「通常及び緊急の連絡手段のため」が最多となっています。


大阪府「平成20年度携帯電話の利用についての実態把握調査」より。携帯電話依存に関しては、かなりネガティブな印象を与える結果に


保護者の目が届きにくいのも、携帯電話の特徴としています(大阪府「平成20年度携帯電話の利用についての実態把握調査」より)


「携帯電話を持っていて便利と思いますか」への回答。ほとんどの子どもが「便利」という認識(大阪府「平成20年度携帯電話の利用についての実態把握調査」より)


保護者側も「連絡手段」という実用的な理由で、所持させることが多いもよう(大阪府「平成20年度携帯電話の利用についての実態把握調査」より)

 つまり、携帯電話は「連絡などに便利なもの」「いじめ、学力低下などのリスクがあるもの」という二面性があり、うまく扱えれば役立ちそうですが、「大人側が使用状況を把握しがたい」という難しさがあるというわけ。小中学校における携帯電話持ち込み禁止はこういった複雑な問題に行政がとった対処法“の1つ”で、大阪府も文科省も「合わせて『家庭内でのルール作り』『有害情報に関する啓発活動』などが必要」としています。

「携帯電話持ち込み“解禁”=学校で自由に使える」ではない

 報道によれば、大阪府は同府北部を震源として発生した地震(2018年6月18日)をきっかけに、小中学校への携帯電話の持ち込みを“解禁”する新ガイドライン案を制作。2019年2月19日、この件に関し、記者から質問を受けた柴山昌彦文部科学大臣は、文科省でも「大阪府の動向を注視しつつ」「(方針の)見直しに係る検討」を行う考えを明らかにしています

 とにもかくにも、大阪府が一足早く“解禁”の方針を明らかにした形になりますが、これは「小中学校で自由に携帯電話を使用できる」というわけではありません。携帯電話持ち込みの許可はあくまで「防災・防犯」のため。毎日新聞の報道によると、大阪府の作成したガイドライン素案は以下のような内容が記載されており、「持ってきても、緊急時以外は使わせない」方針であることが伺えます。

  • 登下校の所持の目的は防災・防犯のため
  • 校内では使わない
  • 登下校時も緊急時以外使わない
  • 保護者も災害などの緊急時以外は連絡しない

※毎日新聞「公立小中学校でスマホ持ち込みのガイドライン作成 大阪府教委が素案」より

 さらに家庭での使用時間、SNSの利用方法などにルールが設定されており、従来の方針をおおむね踏襲するものともいえそうです。

 校内への持ち込みに関しては大きく変わったように見えますが、現行の文科省の方針でも「通学時における安全等の観点等特別やむを得ない事情」がある場合は「居場所確認や通話機能に限定した携帯電話の持ち込み」を例外的に許可してよいとされています。

 例えば、南海トラフ地震が発生すると、大阪府では甚大な被害が出てしまう可能性が。大阪府の新方針は、子どもに携帯電話を持たせるデメリットよりも、「安全等の観点」を重視してメリットを生かす方向に舵を切った結果なのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい