ニュース
» 2019年03月13日 15時05分 公開

ウオータースライダー型“流しそうめんマシン”に新モデル ニュートンもにっこりな下から上に昇る無重力機能を搭載

流しそうめんの無限の可能性。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 タカラトミーアーツが、流しそうめんマシンのシリーズ9作目として、「ビッグストリーム そうめんスライダーギャラクシー」を2019年3月28日に発売します。

 そうめんは上から下に流れるという常識を覆し、下から上に昇り流れる無重力機能を搭載。宇宙で流しそうめんをする気分がご家庭内で簡単に味わえ……るのかっ!?

商品画像 宇宙観あふれる流しそうめん

 同社は2018年2月に「タワーズロック そうめんアドベンチャー」(関連記事)を発表。巨大化する方向での進化が続いていましたが、全高1メートル14センチとご家庭に置くにはギリギリレベルに到達していました。

 進化する方向を転換したのか、舞台は宇宙空間へ。水路は無限大(インフィニティ)をモチーフとした形状をしており、その名は「インフィニティ水路」。キャッチコピーは「下から上へ、そうめんが描く無限のインフィニティ」と、中二病ゴコロを震わせてきます。

真上から見た商品 無限を表すインフィニティ水路

 さらに、無重力の世界観をより楽しめるように、「地球」と「火星」を配置。NPO法人日本火星協会が監修するというこだわりっぷり。水路に隣接したマーズタンク(火星の形をしたタンク)に氷を入れれば、常に冷たい「流しそうめん」を楽しむことができます。

商品画像白バック 「地球」と「火星」の関係性をしっかりと表現

逆流部アップ ハイパードライブチューブがそうめんをインフィニティ水路に送り出します

ドッキングしたところ 別売の「ビッグストリームそうめんスライダーエクストラneo」とのドッキングも可能

パッケージ パッケージ

 希望小売価格は9980円(税別)です。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」