コラム
» 2019年03月18日 12時00分 公開

何その計算方法!? 「ノートのマス目を九九で埋めて足し算するだけ」の筆算でケアレスミスが減らせるかも

桁数が多いときは意外と便利かも。

[ねとらぼ]

 小学校で教わる掛け算の筆算。そのちょっと変わった計算方法が「見たことない」「計算間違いしにくくなりそう」と話題になっています。


斜線を入れたマス目に掛け算の答えを書いていき……


同じ斜線上の数字を足していくと、答えが出ます

 一般的に知られている筆算方法は、2つの数字を上下に並べて書き、「下の数字×上の数字の1の位」「下の数字×上の10の位」「下の数×上の100の位」……と掛け算を繰り返し、最後に全ての数字を足し合わせるというもの。

 それに対し、漫画家・加藤マユミさん(@katomayumi)の「小3の息子の算数プリント」に書かれていたという計算方法は以下のようなやり方で、斜線を引いたマス目を利用して計算を行うのが特徴的です。

  • リーグ戦の表のように、マス目の外側に2つの数字を縦向き、横向きに並べる
  • 各マスで縦向きの数字、横向きの数字を掛け算。10の位を斜線の左側、1の位を右側に書き分ける
  • 最後はマス目ではなく、斜線で囲まれた部分に注目。その中の数字を順番に足し算

 言葉で説明すると何やら難しそうに見えますが、要は九九の答えを書き込んでいき、それを足し算しているだけ。マス目や斜線で区切られた範囲を見ていけばよいため、「数字がゴチャゴチャになって、どの数字を足し算すればいいか分からなくなった」「繰り上がりを見落とした」といったミスが少なくなりそうです。

 ちなみに、この筆算方法は「格子乗算」「格子掛け算」と呼ばれているもの。ネット上には「インド式計算の1つ」「中世ヨーロッパでは流行ったやり方」「ロシアの農民が使っていた」などの情報がありますが、一説にはインドで誕生し、各地に広まった計算法とされ、「昔から(日本を含む)世界中で知られていた」というのが実際のようです。

 歴史をたどると、格子乗算を行うための器具も存在。「対数」の発明者として知られるスコットランドの数学者ジョン・ネイピア(1550年〜1617年)が開発した「ネイピアの計算棒(ネイピアの骨などとも呼ばれる)」が有名で、類似の道具は19世紀後半まで作られていたといいます。

ネイピアの計算棒を使った掛け算のやり方を解説している動画。実際に手を動かしている様子を見た方が、やり方が理解しやすいかも

一般的な筆算だとこんな感じになる「7384×638」の計算


格子乗算だと、かなり見た目が変わります


この「ネイピアの計算棒」は、言ってみれば「段ごとに切り分けた九九表」のようなもの。計算式に合わせて並べ替え、その数字をマス目に書き写すと掛け算は完了


後は足し算だけするだけ


計算中に数字を書く場所が線で区切られているためか、すっきり見えるような?

「ネイピアの計算棒」で割り算、平方根の算出をしたバージョン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」