ニュース
» 2019年03月17日 11時00分 公開

「コンビニの成人向け雑誌をフィルムで包装」、堺市×ファミマの取り組みの今は

コンビニの成人誌販売中止が決まった今、あの取り組みがどうなったのか聞いてみた。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 大手コンビニ各社が2019年1月に、成人向け雑誌の販売中止を発表しました。女性や子どもが利用しやすい店舗作り、万博・オリンピックでの訪日外国人への配慮を理由として挙げています。2018年1月にはその先駆けとしてミニストップが取り扱いを中止していました。


雑誌色付き帯 大阪府堺市ホームページ

 さらにその前の2016年、大阪府堺市ではファミリーマートと協力して、店頭の成人誌を緑色のフィルムで包装し、性的な表現を見たくない人や子どもから見えないようにする取り組みを行っていました(関連記事)。その取り組みは続いているのか、どのように評価されているのか、堺市とファミリーマートから話を聞いてみました。

成人誌のフィルムがけはどのように始まったか

 堺市は2013年から女性や子どもにとって安全安心なまちを目指す「堺セーフシティ・プログラム」に取り組んでおり、その一環として2014年に市内の女性や女児を取り巻く環境について調査と分析を行いました。その結果、誰でも日常的に利用するコンビニで、成人向け雑誌の性的表現が子どもの目の高さからでも簡単に見える形で陳列されている状況が問題視されました。それを解決するべく、複数のコンビニに協力を呼びかけたところ、最初にファミリーマートから積極的な賛同を得られたとしています。


雑誌色付き帯 成人向け雑誌の自動販売機は目立たない場所に置かれる一方、コンビニでは表紙が見える状態で陳列されていた(堺市の資料より)

 ちょうどその頃、ファミリーマートも女性や子どもを含むさまざまな人が、より便利に快適にコンビニを利用できるための方法として、成人向け雑誌の陳列や販売の仕方について議論していたタイミングでした。こうして、コンビニでの成人誌の取り扱い方について、堺市とファミリーマートがタッグを組んで取り組むことになったのです。


雑誌色付き帯 これが、「雑誌色付き帯」だ!

 雑誌の表紙の性的な写真や絵を、目に触れないように状態にする。そのために使用されたのが緑色のフィルム「雑誌色付き帯」です。堺市が提案したデザインで、ファミリーマートとともに、雑誌を傷めないか、タイトルやバーコードを隠さないかなどを確認しながら決定。店頭の雑誌に雑誌色付き帯をかける取り組みは2016年3月に11店舗でスタートしました。

現在も続いており、支持もある

 雑誌色付き帯に取り組む店舗は一時期12店舗に増加。閉店などもあり、現在は10店舗で継続中です。


雑誌色付き帯 陳列棚には取り組みについて説明する表示が


雑誌色付き帯 雑誌色付き帯をかけて並べると、このような感じに


雑誌色付き帯 協力店舗の入口に貼られたシール

 この取り組みについて2017年に堺市が行った調査によると、インターネット調査では39.8%、店頭での聞き取り調査では65.3%の人が肯定的にとらえています。また、ファミリーマートにも取り組みの開始当初、肯定的な意見が複数届いていたとのこと。


雑誌色付き帯 堺市100人、北海道 、東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州・沖縄地方、各100人、計902人の20〜60代以上の男女に行われたインターネット調査

 コンビニと成人向け雑誌の平和的な共存が図られるなか、今年ファミリーマートを含むコンビニが成人向け雑誌の販売中止を発表しました。もちろん雑誌色付き帯も撤去となります。それについて、堺市は「取り組みについて賛否両論の声がありましたが、子どもや女性に優しいまちづくりを進めるという観点で、先駆的に取り組み続けてきたことが、今回の各社の判断に影響したのではないかと思います」と肯定的に評価しています。


雑誌色付き帯 堺市内の指定したファミリーマート3 店舗に来店した10 代〜60 代以上、男性177人、女性183人、計360人に行われた対面聞き取り調査

 雑誌色付き帯が支持を受けて今も続いていることを考えると、少しもったいない気もしますが、今後はより「見たくない人、見せたくない人の目に触れない」「買いたい人は書店やネット通販で買う」といった方向での販売が進められていくのでしょう。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声