コラム
» 2019年03月21日 11時00分 公開

【マンガ】源氏物語に“タイトルだけで本文がない巻”がある理由

中身はないけど、ちゃんと意味があるもよう。

[ねとらぼ]

 平安時代に成立したとされる長編小説「源氏物語」。物語は全54巻に分けられるそうですが、その中には“本文が全く書かれていない巻”があるということをご存じですか?

解説

 「源氏物語」の1〜41巻は、主人公・光源氏の生涯を描く「正編」。以降の巻は「続編」などと呼ばれ、物語の中心的な人物が源氏の子どもとされる薫に代わります。

 この正編、続編のあいだにある巻は「雲隠(くもがくれ)」という題名で知られているものの、本文がないのだとか。「雲隠れ」が死を遠回しにいう表現であることなどから、光源氏の死を象徴したものだといわれています。

 ちなみに、国研出版によれば、「雲隠」巻が成立したのは鎌倉時代以降で、源氏物語の作者・紫式部ではなく、後世の人が付け加えたものだとしています。

主要参考文献


おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.