ニュース
» 2019年03月28日 20時00分 公開

【インタビュー】「賞味期限の切れた缶スープをトイレに捨てる」異色のグルメ漫画『鬱ごはん』 連載開始から9年、31歳になった鬱野くんはどう変わったか(1/2 ページ)

『鬱ごはん』3巻発売を記念して、作者の施川ユウキ先生にインタビューしました。

[園田もなか,コミスペ!]
コミスペ!

鬱ごはん 施川ユウキインタビュー

 「ヤングチャンピオン烈」(毎月第3火曜日発売・秋田書店)にて連載中、施川ユウキ先生が描く、『鬱ごはん』の第3巻が発売された。


鬱ごはん 施川ユウキインタビュー 第3巻書影

 就職浪人の鬱野たけしの日々の食生活を描いたこの作品は、豚焼肉定食を食べながら「荘厳なるブタの死」を想像したり、賞味期限の切れた缶入りのコーンスープをトイレに流したり、孵化後に無数の穴が空いたコモリガエルの背中を思いながらホットケーキを焼いたり、よくここまで食欲を“減退”させる描写が考えられるな、と賞賛したくなるような異例のグルメ漫画だ。

 連載から9年。当初22歳だった鬱野くんも、もう31歳。果たして彼はいつまで就職浪人でいるのか。そもそも、就職する気はあるのか。

 『鬱ごはん』が生まれた経緯から鬱野くんの現在の心境、これから彼が歩む人生について、施川ユウキ先生にお話を伺った。

(取材・文:園田もなか/編集:八木光平)


あげるときは、捨て方まで考えてほしい

──『鬱ごはん』第3巻発売おめでとうございます。最初は22歳だった鬱野くんが、気がついたら31歳になっていて、改めて時間の経過に驚きました。

施川ユウキ先生(以下、施川):連載を始めたのが、2011年くらいですから。約9年です。僕は今年漫画家になって20年なので、半分近く『鬱ごはん』を描いてきたことになります。


鬱ごはん 施川ユウキインタビュー 連載開始当初は22歳だった鬱野くん

──そもそもこの作品は、編集から「グルメ漫画を」という提案から始まったと聞きました。

施川:そうです。どうして僕にという理由はよくわかりませんが、当時はグルメ漫画人気に少しずつ火がつき始めている時代で、創刊したばかりの「ヤングチャンピオン烈」でもグルメ漫画枠が欲しかったのかもしれません。

ただ、僕は絵が下手なので、「飯漫画は絵がうまくないと美味しそうに見えない」と言ったのですが、結局「じゃあ、美味しそうじゃない作品を描けばいいのかな」と。

──鬱野くんの食生活や作品のネタは、施川先生の実体験から掘り出して描いているんですか?

施川:最初はそうだったんですけど、さすがに最近はネタを探しに行っています。一回ご飯を食べに行って、そこで可能なら資料写真を撮って、ネームを作る。そこから追加の写真目的で食べに行くときもあるし、わりとギリギリまで作画しています。

──私はこの作品で缶入りのコーンポタージュをトイレに捨てる回で「すごいものを読んでしまった」と一気に好きになったのですが、あれは実話ですか?


鬱ごはん 施川ユウキインタビュー

施川:9年前ですが……実話です。すみません、反省してます。というか、これ、秋田書店からもらったやつです、たしか。

担当編集:そうなんですよ。

施川:今はもう送られたりはしないんですけど、以前毎年お中元などで缶入りのスープとかジュースが送られてくることがあって、でも別に飲まないし、といって捨てられもしないから、どんどん溜まっていっちゃって。

──秋田書店からもらったコーンポタージュを捨てる話を、秋田書店の雑誌に掲載したんですね。

施川:そういう“役立て方”をしたんですね。

担当編集:あの回は、一応それまで何かしらを食べる“食漫画”だったのに、「何も食べてないじゃないか」って編集部でも少し騒ぎになりました(笑)。

施川:これ、僕だけじゃなくて、けっこう多くの人が感じてることだと思うんですけど、缶とかビンとか中身が捨てづらいものって、もらって「参ったな」ってなることあると思うんですよね。だから、誰かに物をあげるときは「最悪捨てられる」と思って、まず捨てやすさを考えて贈りたい……、って思います。……こういうこと言うと、怒られるのかな。

ちなみに、コミックスにするときに「やってはいけないことだ」と注意書きを入れてくれ、というのはお願いした覚えがあります。すごく小さく入っているんですけど。


鬱ごはん 施川ユウキインタビュー 注意書きは入れてもらった

食べることの本質とグルメは別物

──『鬱ごはん』はとにかくグルメ漫画のアンチテーゼのような立ち位置の作品ですが、たとえば他のグルメ漫画を読んでいて普通に「美味しそうだな」と思うときはあったりするんですか。

施川:あるといえばあるけど、そこまで、という感じもあります。たとえば『美味しんぼ』とかすごい好きなんですけど、食べながらうんちくを語るくだりとかはすっ飛ばして、海原雄山と山岡士郎がバチバチしてるシーンとかを楽しんでます。



──グルメ漫画の見せ場はうんちくではない?

施川:うーん、読んでもだいたい忘れちゃうんですよ。『名探偵コナン』とかでも、コナンがトリックを説明しているところはすっ飛ばして、「犯人はお前だ!」って言ってるシーンを楽しむというか。勝手に、みんなも実はそう読んでるんじゃないかな? って思っているところもあるんですけど。

うんちくやトリックの説明は情報を見せているのではなく、「こういう理屈とかごちゃごちゃ言う奴」っていうキャラクターを見せている場面だと割り切ってます。『バーナード嬢曰く。』っていう読書漫画も描いているんですけど、基本的に本の内容説明とかしてるコマは読み飛ばされていると思いながら描いてます。



──そもそも施川先生ご自身にとって、「食」の重要度ってどれほどですか。

施川:ご飯は毎日食べるわけだから、そういう意味では大事です。

──たとえば、より美味しいものを食べるために、評判のいいお店に足を運んだり、ちょっと値段の張るカレーを食べに行ったり、とか。

施川:それはグルメの話ですよね。グルメもそうだし、生きるための食生活とは意味合いの違う「食」が、「うまい」とか「まずい」で一緒くたに語られている気がしてるんです。たとえば、一箱5000円の高いチョコレートがあるとして、普通の100円のチョコレートと比べて値段は50倍なんだけど、味は50倍うまいわけじゃないですよね。

そういう高いチョコレートは、他人にあげるために買うものであって、自分へのご褒美でもいいですけど、食生活とはあまり関係がないと思うんです。

仮に「うまい」ということを、脳内で快楽を感じることと定義するならば、すごくお腹が空いているときに糖質があって脂っこいものを食べるのが一番うまいに決まってるじゃないですか。

──確かに、食べることの本質と考えたら、グルメのうんちくは少しずれますね。

施川:グルメというのは、ある種教養なんだと思います。たとえば、美術館に行って絵画を見るときに、「何も考えず感じてください」という意見もあるけど、そんなわけないじゃないですか。その絵画の背景にある美術史を理解していた方が、絶対に“良さ”みたいなものはわかると思うんですよ。

──グルメも芸術も、教養となる知識があるからこそ楽しめるという点では同じだと。

施川:「うまい」っていう動物的な快楽と、「わかる」っていう知的快楽をつなげることで別の「うまい」を定義づけてるんじゃないかって思うんです。味そのものには限度があるけど、情報には限度がない。だから大量の情報でどこまでも深めることは可能だし、豊かな文化のひとつとして成立させることができるという……。

それは、グルメ漫画というジャンルがどうしてこれほど流行り、色々な作品が出ているのか、という点にも通じると思います。要は、情報で「料理が美味しいこと」の説得力をもたせられるんだと。

『ラーメン発見伝』に「奴らはラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ!」っていう名セリフがありますが、情報はある意味触れた時点でうまいんです。食べる前からすでに。そうなると食べることは確認作業でしかなくなってしまう。



       1|2 次のページへ

© COMICSPACE ALL RIGHTS RESERVED.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/12/news052.jpg 全員垢抜けたな! 渡辺直美、「ジャンポケ」斉藤&太田との過去比較ショットに「全員華なくて草」
  2. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  3. /nl/articles/2208/12/news030.jpg 突然繰り出された柴犬の“オケツアタック”がヒット! 2回目も試みる→やっぱりなオチがほほえましい
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news021.jpg 「ぱっぱぁ〜」と呼ぶ猫ちゃん、パパが来ると…… とってもおしゃべりな猫ちゃんとの会話が楽しそうでかわいい!
  7. /nl/articles/2202/04/news144.jpg こんなの回避できるか! 豪州の高速道路で起きた事故映像が怖すぎる 前方のクルマから落ちたパーツがフロントガラスに激突
  8. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  9. /nl/articles/2208/12/news041.jpg 「何で絵本はすぐ読み終わるのに、1000円以上するの?」と思っていたが…… 同人活動でその理由を悟った体験談に共感続々
  10. /nl/articles/2207/13/news136.jpg 育児の大変さを1枚で表した写真に4万7000件以上の“いいね” 一目見て分かる過酷さに「とても共感しました」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい