コラム
» 2019年04月01日 12時00分 公開

「日本の映画料金は海外よりも高い」って本当? 米国との比較で見えてくる“どの映画館も1800円”のおかしさ(1/2 ページ)

料金設定はほぼ全国一律。

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

 TOHOシネマズが3月18日、映画鑑賞料金の値上げを発表。6月1日から一般鑑賞料は1800円から1900円、ファーストデイやレディースデイ(現行料金1100円)は1200円と、それぞれ100円ずつ値上げすることを明らかにしました(関連記事)。

 これを受け、ネット上では「日本の鑑賞料金は、海外と比べて高過ぎる」と不満の声が続出。「米国は約800円で映画が見られる」などと説明するツイートにも注目が集まりました。

 よく耳にする話ではありますが、“本当の料金事情”はもっと複雑。安いとされる米国で、日本とあまり鑑賞料金が変わらないケースもあるのだとか。



「日本の映画は、海外に比べるとめちゃくちゃ高い」って本当?

 映画館の業界団体「National Association of Theatre Owners」のデータによれば、米国における映画鑑賞料金は毎年少しずつ上がっており、2018年は平均9.11ドル。日本円に換算すると、約1000円になります。

 ちなみに、ネット上では記事によってこの金額が「600円」「800円」「850円」と異なることがあるのですが、米国の鑑賞料金は毎年少しずつ値上がりしており、20年前の1998年はおよそ半額(4.69ドル)。「古い資料を参考にしたことで、数値が低めになっている」などの可能性が考えられそうです。

 一方、日本の鑑賞料金は20年以上前から、約1800円のまま。米国と比べてかなり高額に感じてしまいますが、「日本映画製作者連盟」のデータを見ると、ちょっと印象が変わるかもしれません。

 というのも、日本における鑑賞料金は(2018年)は平均1315円。シニア料金、子ども料金、レディースデイなどの割引を考慮すると、このような数値まで下がるということなのでしょう。なお、20年前は平均1264円で、料金上昇は約50円だけ。つまり、「日本の平均料金は米国と違ってあまり上がっておらず、依然として高いことには変わりないが、差は約300円まで縮まっている」というわけです。




左:米国の映画鑑賞料金の平均、右:日本の平均料金。1998年以降の20年間、米国は料金が上がり続けている一方、日本はほぼ横ばい(グラフはNational Association of Theatre Owners日本映画製作者連盟のデータより制作)

日本は“都市部と地方の不公平感”が出やすい料金設定?

 また、もう1つ違う点を挙げると、「日本の鑑賞料金はほぼ全国一律1800円であるのに対し、米国は地域によって変動する」のだとか。

 米国のWebサービス「PromoCodesForYou」の調査を見ると、夜間の鑑賞料金は州によって約8〜15ドルと、2倍近い開きが見られます。

 米国在住の映画評論家・町山智浩さんのツイートによれば、サンフランシスコの鑑賞料金は、日本円にすると約1700円。ただし、このような価格変動はその地域の「不動産価格や時給」に合わせたもので、「(最低時給1500円のサンフランシスコでは)ちょうどいい値段」だとしています。

 「最低賃金は場所によって違うのに、鑑賞料金はどこに行っても、だいたい1800円」という日本の方式は、不公平感が出やすい料金設定かもしれません。確かに割引などをうまく利用すれば、もっと安く映画を楽しめるのかもしれませんが……「どういうものが使えるか調べたり、スケジュールを調整したりするのも面倒」と思ってしまう人も少なからずいるのでは?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」