コラム
» 2019年04月01日 12時00分 公開

「日本の映画料金は海外よりも高い」って本当? 米国との比較で見えてくる“どの映画館も1800円”のおかしさ(1/2 ページ)

料金設定はほぼ全国一律。

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

 TOHOシネマズが3月18日、映画鑑賞料金の値上げを発表。6月1日から一般鑑賞料は1800円から1900円、ファーストデイやレディースデイ(現行料金1100円)は1200円と、それぞれ100円ずつ値上げすることを明らかにしました(関連記事)。

 これを受け、ネット上では「日本の鑑賞料金は、海外と比べて高過ぎる」と不満の声が続出。「米国は約800円で映画が見られる」などと説明するツイートにも注目が集まりました。

 よく耳にする話ではありますが、“本当の料金事情”はもっと複雑。安いとされる米国で、日本とあまり鑑賞料金が変わらないケースもあるのだとか。



「日本の映画は、海外に比べるとめちゃくちゃ高い」って本当?

 映画館の業界団体「National Association of Theatre Owners」のデータによれば、米国における映画鑑賞料金は毎年少しずつ上がっており、2018年は平均9.11ドル。日本円に換算すると、約1000円になります。

 ちなみに、ネット上では記事によってこの金額が「600円」「800円」「850円」と異なることがあるのですが、米国の鑑賞料金は毎年少しずつ値上がりしており、20年前の1998年はおよそ半額(4.69ドル)。「古い資料を参考にしたことで、数値が低めになっている」などの可能性が考えられそうです。

 一方、日本の鑑賞料金は20年以上前から、約1800円のまま。米国と比べてかなり高額に感じてしまいますが、「日本映画製作者連盟」のデータを見ると、ちょっと印象が変わるかもしれません。

 というのも、日本における鑑賞料金は(2018年)は平均1315円。シニア料金、子ども料金、レディースデイなどの割引を考慮すると、このような数値まで下がるということなのでしょう。なお、20年前は平均1264円で、料金上昇は約50円だけ。つまり、「日本の平均料金は米国と違ってあまり上がっておらず、依然として高いことには変わりないが、差は約300円まで縮まっている」というわけです。




左:米国の映画鑑賞料金の平均、右:日本の平均料金。1998年以降の20年間、米国は料金が上がり続けている一方、日本はほぼ横ばい(グラフはNational Association of Theatre Owners日本映画製作者連盟のデータより制作)

日本は“都市部と地方の不公平感”が出やすい料金設定?

 また、もう1つ違う点を挙げると、「日本の鑑賞料金はほぼ全国一律1800円であるのに対し、米国は地域によって変動する」のだとか。

 米国のWebサービス「PromoCodesForYou」の調査を見ると、夜間の鑑賞料金は州によって約8〜15ドルと、2倍近い開きが見られます。

 米国在住の映画評論家・町山智浩さんのツイートによれば、サンフランシスコの鑑賞料金は、日本円にすると約1700円。ただし、このような価格変動はその地域の「不動産価格や時給」に合わせたもので、「(最低時給1500円のサンフランシスコでは)ちょうどいい値段」だとしています。

 「最低賃金は場所によって違うのに、鑑賞料金はどこに行っても、だいたい1800円」という日本の方式は、不公平感が出やすい料金設定かもしれません。確かに割引などをうまく利用すれば、もっと安く映画を楽しめるのかもしれませんが……「どういうものが使えるか調べたり、スケジュールを調整したりするのも面倒」と思ってしまう人も少なからずいるのでは?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」