コラム
» 2019年04月01日 12時00分 公開

「日本の映画料金は海外よりも高い」って本当? 米国との比較で見えてくる“どの映画館も1800円”のおかしさ (1/2)

料金設定はほぼ全国一律。

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

 TOHOシネマズが3月18日、映画鑑賞料金の値上げを発表。6月1日から一般鑑賞料は1800円から1900円、ファーストデイやレディースデイ(現行料金1100円)は1200円と、それぞれ100円ずつ値上げすることを明らかにしました(関連記事)。

 これを受け、ネット上では「日本の鑑賞料金は、海外と比べて高過ぎる」と不満の声が続出。「米国は約800円で映画が見られる」などと説明するツイートにも注目が集まりました。

 よく耳にする話ではありますが、“本当の料金事情”はもっと複雑。安いとされる米国で、日本とあまり鑑賞料金が変わらないケースもあるのだとか。



「日本の映画は、海外に比べるとめちゃくちゃ高い」って本当?

 映画館の業界団体「National Association of Theatre Owners」のデータによれば、米国における映画鑑賞料金は毎年少しずつ上がっており、2018年は平均9.11ドル。日本円に換算すると、約1000円になります。

 ちなみに、ネット上では記事によってこの金額が「600円」「800円」「850円」と異なることがあるのですが、米国の鑑賞料金は毎年少しずつ値上がりしており、20年前の1998年はおよそ半額(4.69ドル)。「古い資料を参考にしたことで、数値が低めになっている」などの可能性が考えられそうです。

 一方、日本の鑑賞料金は20年以上前から、約1800円のまま。米国と比べてかなり高額に感じてしまいますが、「日本映画製作者連盟」のデータを見ると、ちょっと印象が変わるかもしれません。

 というのも、日本における鑑賞料金は(2018年)は平均1315円。シニア料金、子ども料金、レディースデイなどの割引を考慮すると、このような数値まで下がるということなのでしょう。なお、20年前は平均1264円で、料金上昇は約50円だけ。つまり、「日本の平均料金は米国と違ってあまり上がっておらず、依然として高いことには変わりないが、差は約300円まで縮まっている」というわけです。




左:米国の映画鑑賞料金の平均、右:日本の平均料金。1998年以降の20年間、米国は料金が上がり続けている一方、日本はほぼ横ばい(グラフはNational Association of Theatre Owners日本映画製作者連盟のデータより制作)

日本は“都市部と地方の不公平感”が出やすい料金設定?

 また、もう1つ違う点を挙げると、「日本の鑑賞料金はほぼ全国一律1800円であるのに対し、米国は地域によって変動する」のだとか。

 米国のWebサービス「PromoCodesForYou」の調査を見ると、夜間の鑑賞料金は州によって約8〜15ドルと、2倍近い開きが見られます。

 米国在住の映画評論家・町山智浩さんのツイートによれば、サンフランシスコの鑑賞料金は、日本円にすると約1700円。ただし、このような価格変動はその地域の「不動産価格や時給」に合わせたもので、「(最低時給1500円のサンフランシスコでは)ちょうどいい値段」だとしています。

 「最低賃金は場所によって違うのに、鑑賞料金はどこに行っても、だいたい1800円」という日本の方式は、不公平感が出やすい料金設定かもしれません。確かに割引などをうまく利用すれば、もっと安く映画を楽しめるのかもしれませんが……「どういうものが使えるか調べたり、スケジュールを調整したりするのも面倒」と思ってしまう人も少なからずいるのでは?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.