ニュース
» 2019年04月12日 11時30分 公開

花火はなぜ「夏の風物詩」なのか?

寒い冬に見たら気持ちが温かく……なるかも?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 花火といえば夏の風物詩ですね。6月〜9月ごろが、全国的に花火大会のシーズンになります。

 でも、「冬に花火を打ち上げてもいいのでは」と思ったことはありませんか? 花火が夏の風物詩であるのは、なぜでしょうか。


まず、冬にも花火をあげることは可能

 夏の花火が多いものの、北海道の「函館海上冬花火」や神奈川県の「よこすかカウントダウン」など、冬に花火を打ち上げているお祭りも実際にあります。冬に花火ができない技術的な理由があるわけではないようです。

 とはいえ、冬の花火を想像してみると、外に出て花火を眺めるのは寒そうです。観賞する側からして冬の花火はちょっと厳しい、という難点が1つあるでしょう。また、冬は風が強いことも多く、打ち上げの事情に影響しやすいかもしれません。

 こうした冬の天候のほかに、花火は歴史的な経緯から夏の風物詩になっていったとも考えられています。ここでは2つほど紹介します。


理由1:暑さをしのぐ慣習「納涼」


花火は大火事の原因になると考えられた

 花火が日本に伝わってきたのは戦国〜江戸時代にかけてです。当初の花火は手持ち花火や吹き出し花火に類するものだったと考えられています。外国人の紹介で最初は大名が楽しみ、次第に町人も楽しめるものへ広がっていきました。

 しかし、幕府は町中での花火を規制しようとします。というのも、当時は木造建築が多いため、「●●の大火」というように、少しの火種が大火事につながりやすく、花火は火種になりうる危険なものだったのです。幕府は、「川の近くなら花火をしてもよい」というお触れを出しました。


川は「納涼」の場

 一方で、川といえば、夏の暑さをしのぐ「納涼」の場として機能していました。京都・鴨川などでは今でも「納涼床」が名物ですね。



 こうした、「川での納涼」の慣習と「川でなら花火をしてよい」というお触れが合わさり、夏に花火をすることが定着した、というのが1つの考え方です。


理由2:慰霊のための花火が夏に行われた

 上に書いたように、江戸時代中期ごろには、川で納涼とともに手持ち花火を楽しむ風習が広まりました。では、打ち上げ花火はどうして夏にするようになったのでしょうか。

 1732年、西日本で作物が凶作となり、全国的な大飢饉が起こります。疫病も流行ったため死者が多く発生するなど、大惨事となりました。

 時の将軍・徳川吉宗は、この犠牲者らの慰霊のため、隅田川の川開きが行われる旧暦の5月に「水神祭」を執り行い、この中で打ち上げ花火を上げることとしました。


歌川広重の『名所江戸百景』にも、両国で打ち上げられる花火を描いた絵があります

 以来、隅田川の川開き初日、およびその後の夏の間に花火を打ち上げるのが恒例となったようです。これが、現在の隅田川花火大会のもととなり、さらに全国に広まり、花火といえば夏の風物詩になった、というのがもう1つの考え方です。


おわりに

 隅田川の花火は中断期間を挟みつつ、現代まで毎年夏の時期に行われています。

 このほかにも、全国には長い開催実績を誇る花火大会が多く、それぞれがさまざまな背景・歴史をもって、夏の風物詩としての花火を盛り上げてきました。花火を見る際は、ぜひこうしたことにも思いを巡らせてみてください。

参考文献

新井充 監修(2016)『花火の事典』東京堂出版

小勝郷勇(1983)『花火ー火の芸術』岩波書店


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声