ニュース
» 2019年04月12日 11時30分 公開

花火はなぜ「夏の風物詩」なのか?

寒い冬に見たら気持ちが温かく……なるかも?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 花火といえば夏の風物詩ですね。6月〜9月ごろが、全国的に花火大会のシーズンになります。

 でも、「冬に花火を打ち上げてもいいのでは」と思ったことはありませんか? 花火が夏の風物詩であるのは、なぜでしょうか。


まず、冬にも花火をあげることは可能

 夏の花火が多いものの、北海道の「函館海上冬花火」や神奈川県の「よこすかカウントダウン」など、冬に花火を打ち上げているお祭りも実際にあります。冬に花火ができない技術的な理由があるわけではないようです。

 とはいえ、冬の花火を想像してみると、外に出て花火を眺めるのは寒そうです。観賞する側からして冬の花火はちょっと厳しい、という難点が1つあるでしょう。また、冬は風が強いことも多く、打ち上げの事情に影響しやすいかもしれません。

 こうした冬の天候のほかに、花火は歴史的な経緯から夏の風物詩になっていったとも考えられています。ここでは2つほど紹介します。


理由1:暑さをしのぐ慣習「納涼」


花火は大火事の原因になると考えられた

 花火が日本に伝わってきたのは戦国〜江戸時代にかけてです。当初の花火は手持ち花火や吹き出し花火に類するものだったと考えられています。外国人の紹介で最初は大名が楽しみ、次第に町人も楽しめるものへ広がっていきました。

 しかし、幕府は町中での花火を規制しようとします。というのも、当時は木造建築が多いため、「●●の大火」というように、少しの火種が大火事につながりやすく、花火は火種になりうる危険なものだったのです。幕府は、「川の近くなら花火をしてもよい」というお触れを出しました。


川は「納涼」の場

 一方で、川といえば、夏の暑さをしのぐ「納涼」の場として機能していました。京都・鴨川などでは今でも「納涼床」が名物ですね。



 こうした、「川での納涼」の慣習と「川でなら花火をしてよい」というお触れが合わさり、夏に花火をすることが定着した、というのが1つの考え方です。


理由2:慰霊のための花火が夏に行われた

 上に書いたように、江戸時代中期ごろには、川で納涼とともに手持ち花火を楽しむ風習が広まりました。では、打ち上げ花火はどうして夏にするようになったのでしょうか。

 1732年、西日本で作物が凶作となり、全国的な大飢饉が起こります。疫病も流行ったため死者が多く発生するなど、大惨事となりました。

 時の将軍・徳川吉宗は、この犠牲者らの慰霊のため、隅田川の川開きが行われる旧暦の5月に「水神祭」を執り行い、この中で打ち上げ花火を上げることとしました。


歌川広重の『名所江戸百景』にも、両国で打ち上げられる花火を描いた絵があります

 以来、隅田川の川開き初日、およびその後の夏の間に花火を打ち上げるのが恒例となったようです。これが、現在の隅田川花火大会のもととなり、さらに全国に広まり、花火といえば夏の風物詩になった、というのがもう1つの考え方です。


おわりに

 隅田川の花火は中断期間を挟みつつ、現代まで毎年夏の時期に行われています。

 このほかにも、全国には長い開催実績を誇る花火大会が多く、それぞれがさまざまな背景・歴史をもって、夏の風物詩としての花火を盛り上げてきました。花火を見る際は、ぜひこうしたことにも思いを巡らせてみてください。

参考文献

新井充 監修(2016)『花火の事典』東京堂出版

小勝郷勇(1983)『花火ー火の芸術』岩波書店


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」