ニュース
» 2019年04月13日 12時00分 公開

お肉のパックにたまっている「赤い汁」の正体は?

知ってる人には常識?

[ねとらぼ]

 10秒で読めて、会社や学校でちょっと知ったかぶりできる「マンガで雑学」。今回はちょっと意外な「食べ物の豆知識」3つをお届けします。



その1:「お肉のパックにたまっている赤い汁」の正体は?

 スーパーの精肉コーナーで、パック内に汁がたまっているお肉を見たことはありませんか? その赤い色から血液だと考える人もいるようですが、あれは「ドリップ」と呼ばれ、肉汁が流出したもの。

 ドリップが出てしまうと、「一緒に肉の成分が流出する」「パサパサになる」といわれており、おいしさが逃げてしまいます。冷凍肉を自分で調理するときにドリップを出さない方法としては、以下の2つのやり方が有効です(日本食肉消費総合センター)。

  • 冷蔵庫内で時間をかけて自然解凍する(15〜30時間でほぼ生肉の状態に戻る)
  • 半解凍の状態で調理する


その2:永谷園のお茶づけに「あられ」が入っている意外な理由

 永谷園のお茶づけといえば、誰もが一度は食べたことがあるロングセラー商品。具材に小さなあられが使われていますが、なぜ入れるようになったのかご存じですか?

 「お茶づけ海苔」発売当時(1952年)は、アルミ箔もポリエチレンもない時代。製品の湿度管理が難しかったこの頃、「吸湿性の高い調味粉と乾燥性の高い海苔を1つのパッケージに入れることは非常に困難なこと」でした。

 そのため、吸湿性のあるあられを入れることで、パッケージ内の湿気を防ぐという意味合いがあったのだそうです。もちろん、香ばしい風味をプラスするという味の面での役割もあったとのこと。



その3:ピーナッツはナッツではない?

 普段何気なく食べているピーナッツですが、実は「ナッツとは別物」とされることがあります。

 ナッツとは、「かたい殻に覆われた果実や種子を指し、空中に実がなる」のが特徴。ピーナッツには「落花生」という別名がある通り、花が落ちて子房が地面にもぐり、(空中ではなく)土中で実がなるのです。

 アレルギー対処の分野でもピーナッツとナッツは別物として扱われ、分かりやすく区別するためか、カシューナッツなどが「樹木ナッツ」と呼ばれる場合もあります。食べるときに意識することはあまりありませんが、「ピーナッツはナッツっぽいけど、ちょっと違うらしい」ということは覚えていてもいいかもしれません。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声