ニュース
» 2019年05月07日 17時45分 公開

公道走行も可能なオトナのおもちゃ 電動3輪モビリティ「Kintone Trike」がおもしろそう

ミニカー登録すれば普通自動車の免許で運転できます。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 電動モビリティを開発しているアースシップが、公道走行が可能な電動3輪バイク「Kintone Trike」を発表しました。

kintone trike 公道走行も可能な電動3輪バイク「Kintone Trike」

 Kintoneシリーズはアースシップが手がける電動モビリティブランドで、最高時速30キロの電動キックボード「Kintone motion F」などを販売しています。

 今回発表したKintone Trikeは、シリーズ初の公道走行が可能な電動3輪バイク。公称スペックは最高時速30キロ、走行距離30キロから40キロで、オフロード走行も可能。ミニカー登録を行えば普通自動車免許で運転できるのも特徴です。

kintone trike Kintone Trike側面

 車体サイズは全長1850ミリ、全幅980ミリ、全高1110ミリで、かなりコンパクトにまとめ上げています。これなら駐車スペースに苦慮する心配はなさそうです。

kintone trike ナンバー ナンバーを取得すれば普通免許で公道を走ることができる
kintone trike バッテリー 取外し可能なバッテリー。直接つないで充電、自宅に持ち帰って充電することもできる

 一般販売に先駆けて、2019年4月30日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売を実施。わずか1時間足らずで目標金額を達成しました。

 Kintone Trikeの販売価格は24万8000円を予定しており、Makuakeの先行販売では12%から28%ほど値引きされた価格で購入可能となっています。

kintone trike 寸法 Trikeの寸法
kintone trike Kintone Trike前方
kintone trike オフロード オフロードも安定した走りを見せます
kintone trike 後方 Kintone Trike後方


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.