ニュース
» 2019年05月07日 16時00分 公開

ドロー2とドロー4は「無条件に」山札を引かせるガード不能攻撃です! ウノ公式が改めてルールを周知

ちゃんと守ってた?

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 米国ウノ公式Twitterアカウントが、意外と知られていない「ドロー2」カードと「ドロー4」カードの正しい効果を周知しました。皆さんは公式ルールで正しく遊べていましたか?



 場と同色または同数字のカードを順番に捨てていき、手札が無くなったプレイヤーが勝者となるカードゲーム「UNO(ウノ)」。日本でもメジャーなゲームですが、実はあまり守られていない公式ルールがあるのです。

 それは「ドロー2」と「ドロー4」の効果。どちらも対戦相手に山札を引かせる妨害カードであることはご存じの通りですが、問題はここから先。皆さんの中に「前の順番のプレイヤーにドロー2(ドロー4)を出された場合、自分もドロー2(ドロー4)を重ねて出せば山札を引かずに済み、次の順番のプレイヤーがカードを4枚(8枚)引く」と思っている方はいませんか? 実はそれ、ローカルルールなんです!

 ウノ公式によれば、「ドロー2」と「ドロー4」を出されたプレイヤーは無条件に2枚ないし4枚のカードを引かねばならず、前述したような「自分もドロー2を出して回避」といった抜け道は公式では推奨されていません。こいつら回避不能攻撃だったのか……。


UNO そのうえ「カードを引かされたプレイヤーはターンをスキップされる」というおまけ効果までついています。

 確かに「ドロー2」を重ねられるローカルルールでは、一気に十枚以上も手札が増える展開がザラにあり、そうなったプレイヤーはトップ争いから離脱せざるを得ません。整然なゲームバランスという意味では、さすが公式ルールは小さな子どもから大人まで誰でも楽しめるよう配慮されている節があります。

 とはいえ戦略性という意味ではローカルルールに軍配があがるようにも思えるのです。毒をもって毒を制す。「ドロー2」対策として自分も「ドロー2」を手札に蓄えておくのは常套(じょうとう)手段。回避できるからこその駆け引きや、大量ドローで対戦相手を蹴落とす快感に楽しさを見いだすのは対戦ゲームとして間違っているでしょうか。

 ここまでローカルルールが広まってしまったのも、ウノというゲームの懐の深さがなせる技。公式ルールは公式ルールとして頭に入れつつ、参加者全員の納得の上で好きな楽しみ方を選びたいですね。


UNO 最新版ではオリジナルルールの作成も推奨されています(画像は公式サイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む