ニュース
» 2019年02月05日 07時30分 公開

「FF外から失礼します」はmixi由来の慣習? 「日本のTwitter文化、mixi起源説」が話題に

言われてみればそんな気も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「FF外(フォロー・フォロワーの関係外)から失礼します」をはじめに、日本のTwitterユーザーの一部には独特の慣習がみられます。こうしたローカルルールはなぜ生まれたのか、考察の末に生まれた「mixi起源説」が注目を集めています。



アイキャッチ Twitterでしばしば目にする風習には、実は背景にmixiの文化があった!?

 この説を漫画形式で唱えたのは、Twitterユーザーの森園(@morizonprime)さん。まず「FF外から失礼します」をとりあげて、「リプライする際に前置きをする」慣習は、mixi由来だとする仮説を立てました。


1P タイトルは「ツイッターに存在するいにしえのルールの正体」ですが、正確には「ツイッターに存在するローカルルールの正体は、実は古来のものだったのでは」と指摘する内容で、文中で語られている「FF外から〜」や「無言フォロー」といった事柄は近年のものです

 というのも、mixiにおけるユーザー間のつながり(マイミク)は、Twitterでいう「相互フォロー」が基本。日記は「全体に公開」か「マイミク内に公開」か、公開範囲を選べる仕様です。mixiはTwitterほどオープンな場ではなかったため、全体公開の日記に“外から”意見をする際、礼儀として「失礼します」と前置きをする人もいました。

 こうした「外から失礼する」文化を、mixiユーザーがTwitterに持ち込んだのではないかと投稿主は主張。ときどきみられる「無言フォローはNG」を掲げるTwitterユーザーも、マイミク申請(フォロー)の際にはメッセージを添えるのが原則だった、mixiからの流れでそうしているのではないかと述べています。


2P

 この仮説をもとに考えると、「フォロバはリプください」(フォローバックの際にはひとこと言ってください)や、「お別れはブロ解で」(フォローを外す際はブロック機能を使い、互いにフォローしていない状態にしてほしい)などと要望する人は、mixiにおける「マイミクの状態」を重視しているとも解釈できます。森園さんは「たとえ世間が他のサービスに移行しようと、多くの日本人が初めて触れたであろうSNS『mixi』の影響は、日本のネット文化に色濃く顕在するのかもしれない」と、投稿を締めくくりました。


3P

4P

 もちろん、知らない人に声をかけるときにあいさつするのは自然なことで、「FF外から」のルーツがmixiユーザーとは言い切れませんし、森園さんも「あくまでも個人の感想であるガバガバ理論」としています。ただ、mixiの仕組みとTwitterのローカルルールに似た部分があるのは確かで、納得した人も多いようです。

画像提供:森園(@morizonprime)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた