コラム
» 2019年06月02日 12時00分 公開

【漫画】10人に1人しか知らない“謎のボール遊び” 君は「ろくむし」の楽しさを味わったことがあるか (1/2)

地域によっては「ろくむ」「ろくめし」「がいせん」などと呼ばれているようです。

[ねとらぼ調査隊, 野田せいぞ,ねとらぼ]

 子どものころ、「ろくむし」というボール遊びをしたことはありますか? ……と聞くと、返ってくるのはおそらく「したことがない」という答え。

 というのも、ろくむしは日本各地で楽しまれていた一方で、なぜか認知度が低く、名前の意味もよく分からない“謎の遊び”なのです。




※「ろくむ」は筆者の呼び方。「ろくむ“し”」から1文字だけ略していた……?





 地面に2つの円を描き、「内野」「外野」にチーム分け。内野が目指すのは、2つの円のあいだを6回往復すること。外野は、それをボールで当てるなどして妨害する――というのが、ろくむしの基本的なルール。「昭和の子どもの遊び」として知られています。

 どういうわけか、往復の回数は「1むし」「2むし」とヘンテコな単位で数えられており、おそらくこれが「ろくむし(6むし)」と呼ばれる理由。しかし、地域によって名称はマチマチで、筆者の小学校では1文字少ない「ろくむ」という言い方になっており、往復の単位も「む」でした。あのころは特に疑問も覚えず、休み時間の校庭で夢中になって「む」を集めていたものです。何なんだよ、「む」って。

 その他、「ろく“めし”」「ろく“もじ”」など、いろいろな名前が使われていたようですが……単位名が入っている部分が、そんなにコロコロ変わっちゃって大丈夫なものなんでしょうか。

 編集部でアンケート調査(回答926件)を行ってみたところ、「(ろくむしを)知らなかった」と答えた人が約9割。その一方で、この遊びを知っている人は日本各地に存在しており、ローカルな遊びというわけでもないもよう。どういう広まり方をしたら「全国的に知られているのに、知っている人が10人に1人しかいない」なんて状態になるんでしょうね。





       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」