ニュース
» 2019年05月23日 00時00分 公開

仙狐さん、その小さなおみ足で踏んでいただいてもよろしいでしょうか…… 「世話やきキツネの仙狐さん」7話

仙狐さん、マッサージさせていただいてもよろしいでしょうか……。

[たまごまご,ねとらぼ]

世話やきキツネの仙狐さん (C)2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

 癒やされたい。肯定されたい。「世話やきキツネの仙狐さん」(原作アニメは、ブラック企業に勤める男性が、神使の狐に何もかも全て癒やされていく、人間全肯定アニメ。優しい空間が覆いかぶさってくる、ある意味現代日本を象徴するような作品です。


世話やきキツネの仙狐さん


クセになってもいいんだよ

 世話やきたがりの仙狐さん。基本常識人の中の常識人ですが、時々お世話対象である中野がびっくりすることを言います。今回の発言はこれ。


世話やきキツネの仙狐さん え、足なの(2巻)

 身体がこったという中野に対して、「わらわが踏んでやるのじゃ!」。手で揉むんじゃないの!? Sっけのあるキャラなら「踏む」は割と定番の言動ですが、普段はそういうのが微塵もない仙狐さんなので、だいぶびっくり。

 ここでいう「そっちの気」というのは、おそらくM的な意味でしょう。社畜だからM、みたいなジョーク、仙狐さんも言うんですね。

 本当のところ、中野のことを仙狐さんはどう見ているか……というのが次のコマ。


世話やきキツネの仙狐さん 見える。(2巻)

 心当たりはいろいろあるらしい。

 彼は極度のモフニスト。基本仙狐さんにわがままは言いませんが、しっぽやら耳やらをモフモフ触りたがる欲求だけはセーブできません。二人きりで過ごす家の中、ことあるごとにニヤニヤしてしっぽをモフモフするのは、正直特殊な趣味だと言われてもしかたない。それを許容しているのは仙狐さんの慈愛ゆえ。

 マッサージや耳かきは「リラックス」の代表的に語られることが多いですが、これは双方の信頼関係があるからこそです。乱暴な人にマッサージされたら、身体を痛めてしまうでしょう。不器用な人に耳かきさせたら、鼓膜が危険でまず落ち着かない。


世話やきキツネの仙狐さん 仙狐さんちっちゃいなあ(2巻)

 身体をほぐすために「踏んでもらう」。身体をほぐすために「踏んであげる」。どちらも信頼関係なしにはできません。背中を踏まれる=安心して身体を預ける、ということ。

 「踏み」も、子供体重だとちょうどいい。仙狐さんの足のサイズと体重は、ジャストだったようです。加えて普段と異なり、裸足なのもいい。なんて素敵なスキンシップ。

 逆に、中野が仙狐さんの身体をマッサージするシーンもあります。「両手にすっぽり収まってしまう小さな腰回り…」。中野は恐る恐る、壊れそうな小さな体をほぐします。胴体の華奢さは、子供か、あるいは猫を抱いているような柔らかさ。


世話やきキツネの仙狐さん 敏感なとこ!(2巻)

 もっとも、身体の感じやすさは大人のもののようです。これはしっぽの付け根を触った時の反応。男子の手も止まる。モフニスト中野としては触りたいだろうに(お風呂回ではしっぽの付け根チェックをしていた彼です)。

 それにしても、いい声を出せとばかりにお互いマッサージしあうこの関係、隣の高円寺が聞いたら、どう思うかは想像に難くない。仙狐さんは自分を、一応は母であり妻だと言っていますが、下手するとそれ以上に仲むつまじい。いくら世話やきの仙狐さんでも、このキャッキャは中野にしかしないんじゃないかな……。


世話やきキツネの仙狐さん世話やきキツネの仙狐さん

本当に愛はあるの?

 イチャイチャを存分に堪能した後はシロのターン。極めて鋭いところに切り込んでいきます。

 今は幸せあふれる仲良しな二人。ですが、その感情って、神使と人間の「世話をやく・やかれる」中で生まれた、まがい物なのでは?


世話やきキツネの仙狐さん 鋭い(2巻)

 シロ「セン(仙狐さん)はナカノに先祖の姿を重ねているだけで あなた自身を見てないかもしれないって ナカノはそれでいいの?」

 もともと仙狐さんは、疲れ切った男性の世話をする目的でやってきました。一話では中野のもとにきた理由を「わらわ好みの色男だったのじゃ」「まあ神の気まぐれみたいなものじゃ」とだけ、ふわっと語っています。

 仙狐さんは、現時点では自分の過去の話をほとんど話していません。中野に話したのは「中野の先祖に恩がある」という点だけ。

 仙狐さん側はあらゆるものを肯定し、ほぼ無条件に甘やかしまくっています。ありがたいことです。でも、見せかけの幸せを、本当の幸せと勘違いしてたりしない? 大丈夫?


世話やきキツネの仙狐さん 幸せの波動に目覚めた中野(2巻)

 中野「理由やきっかけがどうであれ 仙狐さんと過ごす今が幸せだから」

 仙狐さんが来る前の、未来の見えない社畜状態では、幸せについて考える余裕もなかった。でも今彼は、何が自分の幸せなのかに気づいています。自分の今の感情を、シロに照れること無くはっきりと言葉にして伝えられています。なんて大きな成長。

 中野はシロの「勘違い説」を否定しません。そうかもしれないと受け入れています。でも、自分は幸せだ。少なくとも仙狐さんも笑顔だ。その二つだけで十分です。

 余計なことを考えて悩まなくていい。仙狐さんが常々言っていることを、彼は自分でできるようになりました。

 シロが中野のセリフを聞いた時の顔が素敵。彼女も感化されているよう。幸せは伝染します。


世話やきキツネの仙狐さん これが幸せじゃないはずがない(2巻)

 仙狐さんの目は自分を見ているのか、先祖を見ているのか。わからないけれども、少なくとも彼女は今、待っていてくれていた。心から笑顔で迎えてくれている。しっぽを振ってるんだから、うれしいのに間違いないのでは。

 なおこの後中野は、許可を取らずに仙狐さんのしっぽを触って怒られます。行き過ぎた領域のモフフェチ……お堅い中野がついしっぽを触ってしまうのは、中野が仙狐さんに心を許して甘えている、二人の間でしか起こらない愛の表現のようです。


世話やきキツネの仙狐さん世話やきキツネの仙狐さん

たまごまご



<前回までのお話>

世話やきキツネの仙狐さん
世話やきキツネの仙狐さん
世話やきキツネの仙狐さん
世話やきキツネの仙狐さん

(C)2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」