ニュース
» 2019年05月25日 16時00分 公開

パパとママのためのプラレール構築術(6):1畳分のスペースがあれば余裕でいける! 親子でパズルのように楽しめる立体的なプラレールレイアウトの作り方 (1/2)

全3ブロックで構成された立体レイアウトが1畳分のスペースで作れちゃう。

[空転,ねとらぼ]

 1959年に誕生したタカラトミーを代表するロングセラー商品「プラレール」。自由に組み替えられる青いレールの上を、実在する列車を再現したミニチュアが走る光景に、多くの子どもたちが心をときめかせたものです。

 その子どもが大人に成長して、パパやママとなって親子でプラレールを楽しむというのは自然な流れ。ですが、久しぶりすぎてプラレールのことがよくわからないなんて人も多いはず。

 「レールがうまくつなげられない」「ぐるぐる回るだけで面白くない」──。そんなプラレールのよくある悩みを解決する知識、子どもが「すげー!」と驚くようなレールを組めるようになるテクニックを、日本トップクラスのプラレールガチ勢が紹介していきます。

空転 プロフィール

1986年生まれ、高専出身のさえない会社員パパ 。幼少期よりプラレールを嗜み、そのまま卒業できなかった生粋のプラレーラー。各地のイベントでプラレールを広げるほか、仲間と遊ぶためなら全国に出没する。(最近は「育休」気味…)

個人サークル「空転ワークス」で活動中。2018年末のコミケで同人誌「パパとママのためのプラレール線形幾何学」を制作し、各所で注目を集めた。Twitter @Kuten_W


プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 今回紹介するのは子どもの憧れ「立体レイアウト」。1畳分のスペースで作れちゃう!

 こんにちは。「プラレーラー」の空転です。

 みなさんはプラレールをご存知ですか? そう、青いレールに3両編成の電車が走る、誰もが一度は遊んだことのある、あのおもちゃです。プラレーラーとはプラレールで遊んでいる大人のこと。空転もかれこれ30年以上プラレールで遊び続けています。

 2018年末のコミケで頒布した「プラレール」のつなぎかたの同人誌「パパママのためのプラレール線形幾何学」に大きな反響をいただいたことをきっかけに始まった、家族でプラレールを楽しむための大人向けコラム「パパとママのためのプラレール構築術」。第6回は、レールを高く積み上げる立体的なレイアウトにチャレンジしていきます。

子どもの憧れ……! 高く積み上げていく立体レイアウトを1畳分のスペースで作る方法

 プラレールにはこれまでに紹介してきたように多様な楽しみ方があります。その中でも特に見た目のインパクトが強い「立体レイアウト」を、省スペースで作る方法を紹介していきます。

 立体レイアウトでは、高架線を作る時に使う「ブロック橋脚」が活躍してくれます。これを積み重ねていくことで、高さのあるレイアウトを作ることができるわけですが、イベントなどでみかける立体レイアウトは巨大な物が多く、一般的な家庭内で作ろうとするとスペースが足りません。

 しかし、そんなことは大した問題になりません。スペースに合わせて作ればいいのです。というわけで今回は1畳分のスペースで立体レイアウトを作って楽しむ方法「一畳プラレール」を考案した立体レイアウト作りの達人・ぺたぞう(@pettanesa )さんに協力をお願いしました。

プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 2019年5月4日、5日にかけて、東京都府中市で開催した「鉄道模型広場inルミエール」の会場でも展示した立体レイアウトを紹介していきます

たった1畳分のスペースでこんなレイアウトが作れちゃう!

 まずはレイアウトを組み始める前にスペースを確認しましょう。畳の大きさは地域によって色々あるようですが、およそ1700ミリから1900ミリ、850ミリから950ミリ程度です。一般的な会議机は1800ミリ、45ミリですので、2つ分がちょうど一畳ほどのスペースになりますね。

プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 1畳ほどのスペースにぴったり収まる、斜めモチーフのサイズ
プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 6つの円を楕円で包み込むようなレイアウトになっています

 立体的なレイアウトを組み上げていく上で注意する点は、レールや橋脚の「干渉」です。あらかじめレールの配置(ルート)をしっかり考えておくことが重要です。

 今回はルートを想定した「斜めモチーフ」の設計図(テンプレート)がありますので、そこからルートを選ぶように組んでいきます。

プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 1段目から4段目までの設計図
プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 設計図を元にレールを配置していきます
プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図
プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 2段目までが完成して、3段目に突入
プラレール 立体レイアウト 畳 一畳プラレール ぺたぞう 連載 設計図 3段目まで組み上げたレイアウト。この時点で1つの構造体になっていて、エンドレスに走らせる1つの立体レイアウトとして楽しめるようになっているので、まずはここまで作ることを目標にしてみるといいでしょう

 まずは基礎となる1段目から、2段目、3段目と、順番にレイアウトを組んでいきます。レールを組み始めてからの注意点は、同じ段でレールが交差しないようにすることです。両端を同時に作りながら、立体的に考えていきましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.